京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年01月03日

予防歯科で行われるケア方法

前述したように、予防歯科でのお口のケアは、歯科医や歯科衛生士による指導に基づいた“セルフケア”と、歯科医院などでのブラッシング指導や予防処置を中心とした“プロケア(プロフェッショナルケア)”に分けられ、それぞれ処置方法が異なります。

セルフケア
歯ブラシや歯間ブラシ、フロス、フッ素やキシリトール入り用品を使ったオーラルケア
プロケア
マイクロスコープ 歯科
PMTC
“PMTC”とは“プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング”の略で、プロによる専門器具を用いた歯のクリーニングを指し、普段のケアでは除去しきれない歯の表面の着色や汚れを、徹底的に研磨・清掃する治療法です。
現在、予防歯科治療の中でも最も効果が高いと言われています。
歯科 通販

スケーリング&SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
“スケーリング”とは、超音波スケーラーなどを使用して、歯肉や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除く治療法になり、痛みが少ないのが特徴です。
歯垢や歯石を取り除いた後の歯根の表面はザラザラしているため、スケーリングのあとに“ルートプレーニング”を行い歯根の表面を滑らかにしておくことで、歯垢がつきやすくなるのを防ぎます。

フッ素塗布
歯の再石灰化の促進や虫歯菌の働きを抑制するなど、虫歯に強い歯質をつくる性質があるフッ素を歯の表面に塗布する治療法です。
フッ素は副作用が少なく、虫歯の抑制効果が高い薬剤として知られ、保険診療では3~4ヶ月に一度のフッ素塗布が推奨されています。
エアーモーター
ブラッシング指導
虫歯や歯周病予防の基本であるブラッシングですが、自分ではしっかり磨けているつもりでも実際にはまったく磨けていない、というケースも珍しくないため、歯科医や歯科衛生士の指導によって正しい歯磨きの方法を教わり、日常でのケアを万全なものにします。  

Posted by みなみなみ  at 17:25Comments(0)

< 2017年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ