京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年01月06日

歯科で行っている予防歯科メニュー

ブラッシング指導
患者さんのお口の状態に合わせた効果的なブラッシング方法を、口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士がアドバイスします。毎日のブラッシングは虫歯や歯周病予防に欠かせません。正しい方法を身につけ、健康なお口や歯を保つようにしましょう。
生体情報モニター
PMTC
歯科医師や歯科衛生士が、専門の器具とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングです。ふだんのブラッシングでは、なかなか落とすことが難しい歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を徹底的に除去。仕上げに歯をツルツルにみがき、汚れの再付着をしにくくすることにより虫歯や歯周病を防ぎます。口臭の予防にも役立ち、歯の軽い色素沈着も除去できるので、自然な歯の白さを取り戻すことができます。
歯科器具

噛み合わせチェック
噛み合わせに問題がある方は、ほとんどの場合、歯ぎしりやくいしばり、頬杖をつく、うつ伏せ寝をするなどのクセをお持ちのようです。偏った力がかかることが噛み合わせに影響します。そのためその「偏った力をコントロール」するためにさまざまな検査を行います。
パルスオキシメーター
予防歯科の重要性
予防歯科とは、病気にかかってから対処する対症療法ではなく、病気を未然に防ぐために生まれた分野です。そしてこの予防歯科の柱といえるのが定期検診といえます。虫歯や歯周病の予防のためには毎日のご自宅でのブラッシングによるケアが欠かせません。どんなにしっかりみがいていると思っていても、実際にはきちんとみがけていない部分があるかもしれません。そして気づかないうちにお口のトラブルが発生するのです。そうなってしまわないように定期的に歯科医院を受診し、プロフェッショナルの目でお口をチェックしてもらうことが大切なのです。  

Posted by みなみなみ  at 17:54Comments(0)

< 2017年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ