京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年01月24日

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を破壊してしまう疾患

厚生労働省のデータによると歯周病の罹患率は、25歳~34歳で75%、35歳以上で80%です。歯周病が怖いのは、初期の段階では症状が出ないこと。歯ぐきが腫れたり、歯茎から出血したりなどといった症状が出たときには、病気はだいぶ進行していて、気が付いたときには手遅れで歯を失うことになった──というケースも少なくありません。
歯科技工用品
また、最近の研究で歯周病が全身の疾患と関係があることもわかってきました。歯周病により、心臓病・糖尿病の発生リスクが高まる可能性も否定できません。歯周病は非常に怖い病気です。しかし、早期に発見できれば、患者さんの負担も少なく、簡単に治療することができます。

歯周病の原因は「歯周病菌」です。
口腔内には数百種類・数千億個の細菌がいるといわれていますが、これらは普段はあまり悪さをすることはありません。しかし、口腔内の手入れが充分でなく、不潔な状態になると、細菌がネバネバした物質をつくり出し、歯の表面に付着します。これが歯垢(プラーク)です。プラークは取り除かなければ硬くなり、歯石に変化し歯の表面に強固に付着します。このプラークが内毒素という毒素を持ち、歯周病菌を構成し、歯周病菌は歯垢を絶好の棲み家にしてどんどん増えていきます。これが歯周病の原因となります。さらに進行すると炎症によって歯槽骨が溶けていき、ついには支えを失った歯が抜け落ちてしまうのです。
歯科 光照射器
歯周病を予防するために
毎日、丁寧に歯を磨いていても、ご家庭の歯ブラシだけでは完全にはプラークを除去できません。口腔内をきれいな状態に保ち、歯周病を予防するには、定期的な専門のドクターや歯科衛生士によるメンテナンスが必要になります。精神的ストレスが免疫機能の低下をもたらし、歯周病の進行を促進させることも報告されています。歯周病は自然に治ることはなく、治療しなければ確実に進行していきますが、しっかり治療すれば治すことができる疾患です。歯周病菌の感染が直接的要因ですが、歯周病を悪化させる原因には、噛み合わせ、不適合なかぶせ物、全身疾患などさまざまな要素が関わっています。原因を包括的に診療し、それぞれの患者さんの原因に対処した治療を行っていきます。  

Posted by みなみなみ  at 17:37Comments(0)

2017年01月23日

歯周病は細菌による感染症です

2005年の厚労省・歯科疾患実態調査によれば、日本人の約8割が歯周病にかかっており、その中で45歳以上では約4割の方が中程度から重度の歯周病といった結果がでております。年齢が上がるにつれその割合は増え、75歳では約6割の方が中程度から重度の歯周病にかかっています。歯周病は細菌による感染症です。

歯周病は、歯の周囲の汚れのなかに含まれる細菌の毒素の影響で、歯ぐきに炎症が起きて、腫れたり、出血しやすくなり、また、歯を支える骨が溶けていき、歯がグラグラしたり、抜けたりする病気です。お口の中には多かれ少なかれ細菌は必ずいて、全くいないという人は存在しません。普段は細菌と自分の防御機構がバランスを保っていて歯周病は進行しませんが、歯みがきがうまくできていない事で細菌が多くなっている場合や、細菌の量自体に変わりはなくても、体が弱っていたり、疲れていたりすると歯周病は発症、進行します。
ポータブルレントゲン
初期の段階ではほとんど自覚症状はないか、あったとしてもほおっておくと自然に治ってしまう(実際には進行した状態での停止)ので気に留めません。自覚症状がはっきりしてくるとそれはすでに歯周病がだいぶ進行している証拠です。

歯周病セルフチェック
次のような症状があったら、歯周病の可能性があります。
セルフチェックをしてみましょう。
朝起きたときに、口の中がネバネバする。
歯みがきのときに出血する。
硬いものが噛みにくい。
口臭が気になる。
歯肉がときどき腫れる。
歯肉が下がって、歯と歯の間にすきまができてきた。
歯がグラグラする。
歯科用材料

また、次のような方には、歯周病が起こりやすいことが知られています。
45歳以上の方
喫煙者
妊娠中
糖尿病にかかっている方
歯みがきの悪い方
スリーウェイシリンジ
これらにあてはまる方は、歯周病のリスクが高いといわれています。  

Posted by みなみなみ  at 17:43Comments(0)

2017年01月20日

歯周病につながる歯肉炎は早めに治療を

歯磨きをしていると血が出たり、鏡でよく見ると歯ぐきが赤くなっていたり腫れてぷくっと丸くなっていたりすることがあります。これが、歯ぐきの病気、歯肉炎です。歯磨きで汚れがきちんと取れていないと、お口の中ではプラークという細菌の仲間が食べ物のカスや甘い飲み物をえさにどんどん増えていきます。そしてその細菌により歯ぐきは歯肉炎となり、出血したり赤くなったりしてしまうのです。
マイクロスコープ 歯科
最近は若い世代にも多く見られ、また進行すると歯周病につながることもありますから注意が必要です。歯肉炎は、歯磨きと食生活を見直し、早く治療を始めれば治すことができます。当院では治療と共に、歯肉炎を予防する正しい歯磨きやケアの方法、生活習慣のアドバイスを行っています。
歯科機器

こんな症状があったら歯肉炎かもしれません
・歯ぐきが腫れて丸く見える
・歯磨きのときに出血する
・歯ぐきが赤い
・白いネバネバしたものがついている
歯科用ポータブルユニット 
歯肉炎になりやすい生活習慣に心当たりはありませんか
・歯磨きの時間が短い
・甘い物が大好きで、おやつの時間が決まっていない
・ジュースや炭酸飲料、スポーツドリンクを毎日飲んでいる
・気づくと口で息をしている(鼻で息ができていない)  

Posted by みなみなみ  at 17:52Comments(0)

2017年01月19日

日本では現在、80歳の方の歯の平均残存指数はたったの6.8本しかありません

通常、人間のお口の中には28本の歯がありますから、約4分の1しか残っていないことになります。アメリカであれば85歳のときに平均15.8本、スウェーデンであれば75歳で平均19.5本の平均残存歯数となっています。
ハンドピース
この差はいったい何なのでしょうか?それは根本的な考え方の違いにあります。昔から日本では「悪いところを削って詰める」「歯医者には歯が痛くなってから行く」といったような考えがあります。これには保険制度の影響があるとも言われていますが、欧米諸国が「歯が悪くならないためにはどうすべきか」という視点に立って歯科医療を発展させてきたことと大きく異なる点です。

では、どうすれば欧米諸国のように長く歯を維持できるのか?それは正しい予防の知識と定期的なメンテナンスです。体の健康を維持・チェックするのに人間ドックへ行くように、歯にも定期検診が必要です。そして、虫歯や歯周病にならないよう日々のプラークコントロールが重要となるのです。
技工機器

P.M.T.C プロフェッショナルケア
歯周病の既往を持つ方はポケットの再発を防いだり、歯ブラシでは届きにくい部位のプラーク除去のためプロフェッショナルケアが必要です。歯石は普段のブラッシングだけでは落とせません。通常だいたい30分~60分くらいの時間をかけて専門の歯科医師、歯科衛生士が行います。 この治療では、ご自身では、磨きにくい部位の歯垢(最近の塊)を完全に除去し、歯肉の状態を健康にします。また、ステイン(タバコのヤニやお茶による歯の着色など)を除去し、光沢のある歯の表面を回復させます。口腔内カメラ
  

Posted by みなみなみ  at 17:51Comments(0)

2017年01月18日

 予防歯科の予防治療と家庭でできる予防

予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。
パルスオキシメーター
PMTC
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。
歯科商材

フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。
十分な効果を得るためには、年に3~4回のフッ素塗布を行うことが理想です。
フッ素の3つの効果
【1】歯質の強化する
歯のエナメル質を硬くすることで、虫歯の原因菌が作り出す酸に強い歯を作っていきます。
【2】再石灰化作用を助ける
酸で溶けてしまった虫歯になりかけた部分をもとに戻す、唾液の再石灰化作用を助けます。
【3】虫歯原因菌の活動を抑える
虫歯の原因菌の活動を抑えて、歯を溶かす酸が作り出される量を抑制することができます。
マイクロスコープ 歯科
家庭でできる予防
毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。  

Posted by みなみなみ  at 17:43Comments(0)

2017年01月17日

 歯の進行状態とその治療方法

歯科検診でドクターが一本一本の歯をチェックしながら「C1」とか「C2」と言っているのを聞いたことがあると思います。虫歯の進行具合は「C」で表現され、その状態に応じて5段階で表わされます。虫歯は気がつかない間に進行してしまうもの。痛くなってからでは手遅れです。定期的に歯科検診を受けて、初期の段階で虫歯を見つけましょう。
ハンドピース
C0(虫歯の初期状態)  
穴があいていたり、黒くなってはいませんが、エナメル質(歯の白色半透明の硬い部分)の表面が酸によって白く濁った状態。もしくは溝が茶色になった状態をいいます。見た目には、ほとんどわかりづらい虫歯の初期状態です。
【治療方法】
フッ素入りの歯磨き粉を使って、再石灰化を促すことが可能

C1(虫歯の中期状態)
エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。象牙質まで達していないので痛みはありません。ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。
【治療方法】
必要最小限削り、保険適用の白い詰め物を入れる
歯科技工 機器

C2(虫歯の後期状態の初期)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで達している状態です。象牙質はやわらかいので、放っておくと虫歯は中で大きく広がります。大きくなると冷たい水や風がしみるようになり、さらに甘いものや温かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。
【治療方法】
虫歯の範囲が小さければ、保険適用の白い詰め物を入れることで治療は完了
虫歯が歯の深部まで達している場合は患部を削り、詰め物を製作して装着

C3(虫歯の後期状態の中期)
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経(歯髄)まで到達した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてきてズキズキ痛み出し、ときには歯茎が大きく腫れます。これを歯髄炎といいます。
【治療方法】
根管治療が必要。麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除く
口腔内カメラ
C4(虫歯の末期状態)
歯のほとんどがなくなってしまい、根だけが残っている状態です。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっている状態なのです。
【治療方法】
ここまで進行すると抜歯するケースも
治療可能な歯質が残っていれば、根管治療となる





  

Posted by みなみなみ  at 17:45Comments(0)

2017年01月13日

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの疾患を予防

虫歯や歯周病にならない
まず、予防歯科を利用することで虫歯や歯周病などの疾患を予防できます。これらの病気は風邪やインフルエンザのように数日で症状が現れるわけではなく、長い時間をかけて徐々に症状を進めていきます。定期的に歯科医院で検診を受けることで、虫歯や歯周病のなりかけ、もしくは初期の段階で発見し、適切な治療を施すことで治療することができます。
エアーモーター
自分の歯が残る
高齢になっても自分の歯を残せるようになります。虫歯や歯周病は歯の寿命を大きく削り、歯を失わせる大きな要因となります。予防歯科はこれらの疾患を予防することで歯の寿命を長く保つことができます。
歯科用品

治療の時に痛くない
治療が必要なときでも痛くないことです。歯医者の一般的なイメージとして「痛い」というものが最も大きいかと思います。確かに麻酔を必要とする治療も歯科医院では提供されていますが、予防歯科での治療は痛みを伴うようなものではありません。そもそもに定期的に通院して検査を行うので、大掛かりな治療が必要な段階にまで病気が進行することはありません。仮に何らかの治療が必要な状態であったとしても、麻酔を必要とするような治療はまずありませんし、簡単な治療だけで済みます。
生体情報モニター
治療費を節約できる
虫歯や歯周病、その他の歯科医院での治療は1回で完了することはあまりありません。
何日も通ってもらうことになるので、それだけ治療費もかさむことになります。予防歯科も定期的に通院していただくことも費用はかかりますが、その頻度は虫歯治療などに比べて長いスパンであり、長期的に見るとと虫歯や歯周病になってから通院することを考えれば、結果的に治療費の節約になります。  

Posted by みなみなみ  at 17:42Comments(0)

2017年01月12日

歯科医院へ通院するのは、お口に何らかのトラブルが起こってからといった方が多いのではないでしょうか?

しかし、それは古い考え方となりつつあります。お口の中のトラブル、特に虫歯や歯周病といった病気は原因がはっきりしているため、予防が重視されつつあるのです。

予防歯科の考え方が定着している歯科先進国では、高齢者の残存歯数が日本と比べて非常に多くなっています。それほど、予防歯科の効果は高いものなのです。それを受け、現在、日本でも「治療」から「予防」へという意識が高まっています。
パルスオキシメーター
予防歯科のメリット
適切な処置によって、虫歯や歯周病といったお口のトラブルを未然に防ぎます。また、万が一トラブルが発生していたとしても早期に発見できるため、簡単な治療で済ませることができます。

お口のトラブルは早期のうちに治療ができれば、痛みもほとんどなく、治療期間も短く済みます。結果的に、治療費も抑えられます。

予防のプロである歯科衛生士が徹底的にお口の中をクリーニングし、歯をみがき上げます。歯がツルツルになり、お口の中がさっぱりとします。また、軽度の着色汚れも落とせます。
歯医者 器具

予防メニュー
ブラッシング指導
ブラッシング方法は、お口の数だけあるといっても過言ではありません。当院では、患者さんのお口に合ったみがき方をご指導しています。初期の虫歯であれば、適切なブラッシングが治癒につながることもあります。
マイクロスコープ 歯科
フッ素塗布
歯の表面のエナメル質を強化する働きがあるフッ素を歯の表面に塗ることで、虫歯を予防します。また、ごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布で治癒することも期待できます。定期的に塗布すればより効果的です。

PMTC
専門器具を用いた歯のクリーニングです。毎日のセルフケアで落としきれない、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の汚れを徹底的に除去します。  

Posted by みなみなみ  at 17:50Comments(0)

2017年01月12日

8020運動とは、 満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことです

この運動は、厚生労働省や日本歯科医師会により、推進されております。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるとされています。では現実はどうでしょうか?

北欧では8020がごく一般的になっているにもかかわらず、日本では「予防歯科」という概念が遅れているため、 全国調査では1人平均40歳代で3本、50歳代で5本、60歳代で12本、70歳代で20本、80歳代で24本の歯を失っているという結果が出ています。
ニッケルチタンファイル
歯が20本以上残っていることにより、噛めるということだけでなく、噛むという脳への刺激により、 20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされております。では何故、年齢を重ねるごとに、歯を失ってしまうのでしょうか?若いうちに歯を失う原因は虫歯がまずは挙げられます。中高年以上になってきますと、 歯周病で歯がぐらぐらになってしまうのです。

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから歯医者さんに行き、 それから治療を行うという流れが多かったと思います。しかしそれでは、だんだんと大切なご自身の歯を失うこととなってしまいます。
歯科治療器具

歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めて…を繰り返しますと、 最終的にどうなってしまうかはご理解いただけると思います。

これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、 いかに健康な状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。

PMTCとは、【(Professional Mechanical Tooth Cleaning)】の略です。日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の清掃」ということとなります。実際にPMTCを経験されると、歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。
歯科診療ユニット
PMTCで得られる効果
虫歯予防
お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。
歯周病の改善
お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
口臭予防
おくちの中にいる菌の減少により、口臭も軽減します。
審美性の向上
着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。
歯質の強化
フッ素入りの研磨ペーストを用いることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します。  

Posted by みなみなみ  at 17:28Comments(0)

2017年01月11日

予防歯科は、むし歯や歯周病をはじめとした口腔疾患にならないように

どんなに上手に歯ブラシができる方でも、少しずつ磨き残しできてしまいます。私たち歯科医療にたずさわっている者でも全体の20%程度の磨き残しができてしまいます。
治療をせずに良い状態を保つようにケアをしていくことが予防歯科の目的です。
スリーウェイシリンジ
80歳で歯を20本残せるように
スウェーデンは国をあげて予防歯科を成功させました。このグラフのように、スウェーデンでは90%の方が定期健診・クリーニングを受けているので、80歳以上の方でも20本以上歯が残っているというデータがあり、入れ歯やインプラントを使用している方はほぼおりません。

ですが日本では定期健診やクリーニングを受けている方はわずかに2%!そのため80歳の平均では歯が平均8本しか歯が残っていません。ほとんどの方が入れ歯やインプラントを使用している状況です。
歯科器具

治療後の歯だけではなく、健康な歯も定期検診が必要です
予防歯科と聞くと、健康な歯がむし歯にならないように予防する、というイメージがあるかと思います。ですが予防が必要なのは健康な歯だけではありません。
マイクロスコープ 歯科
治療が終わった歯こそ、再発や新たなむし歯、歯周病にならないように予防することが大切です。日本人の80%~90%の方が歯周病にかかっているというデータが取れています。これらを進行させない為には定期的な健診とクリーニングが必要となります。  

Posted by みなみなみ  at 18:00Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ