京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年01月10日

「自分の歯は自分で守る」という予防意識が大切です

予防歯科と言う言葉をきいたことがありますか? 虫歯や歯の病気で「痛い」や「変だな」となる前に予防しましょうということです。 わたなべ歯科クリニックでは、皆様が痛くならないうちに、悪くならないうちに予防するプランを提案、遂行しています。 最近は健康な歯が全身の健康につながるという意識が浸透しつつあります。
超音波スケーラー
歯の表面についた汚れはプラーク(歯垢)と呼ばれています。このプラークが原因となり、虫歯が進行していきます。プラークは歯牙細菌苔ともいい、単なる食べカスではなく、生きた細菌の集合体が、歯の表面に苔のように発生しています。その細菌が出す酸が、歯の表面を覆うエナメル質を溶かし象牙質、歯髄へと浸透します。象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、ここまで来るとそれまでよりもずっと早く溶け、虫歯が進行していきます。
歯科 通販

CO(要観察歯)
初期むし歯とも呼ばれます。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。
C1
歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。
C2
象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度のむし歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
C3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達したむし歯です。炎症を起こしたりすると、とてもはげしい痛みをともないます。
C4
歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。
パルスオキシメーター
虫歯、歯周病を予防するためには、プラークコントロールが大切です。 プラークとは口の中にある歯垢のことをいいます。プラークはむし歯や歯周病を引き起こす細菌の固まりです。放っておくと歯石となり、ますますプラークがたまりやすくなります。 このプラークをためないようにブラッシングすることや、たまっているプラークを取り除くことをプラークコントロールといいます。  

Posted by みなみなみ  at 18:01Comments(0)

2017年01月09日

どんな病気でも、一番は発症する前に防いでしまどんな病気でも、一番は発症する前に防いでしまうことですうことです

それは、歯科でも例外ではありません。虫歯や歯周病の原因は歯垢です。つまり、毎日適切な歯磨きをして歯垢をきちんと除去できていれば、病気は防げます。しかし、どんなにしっかり磨いても、セルフケアだけでは完全に歯垢を除去できません。そのため、「PMTC」などの歯科医院での予防処置のご活用をおすすめします。

定期的にお口の中の状態をチェックし、虫歯や歯周病などの早期発見・早期治療につなげていきます。特に歯周病は、全身疾患である心筋梗塞や糖尿病を引き起こす原因にもなるので要注意。お口の中の状態を良好に保ち、全身の健康を維持していきましょう。どのような病気も、なってから治すのではなく、なる前に予防することが一番の“治療法”。
歯科レントゲン
ブラッシング指導
毎日行うブラッシングですが、正しく磨けている人は意外に少ないものです。治療に時間や費用をかけるより、正しいブラッシング法を身につけて虫歯などを予防できたらいいですよね?

PMTC
1.歯垢の染め出し(行わない場合もあります)
染め出し液を浸した綿棒を歯面に軽く押しつけながら、歯垢がどこに残っているのか確認し ます。この段階でブラッシング指導を致します。

2.研磨剤の注入または塗布
歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。

3.隣接面の清掃作業
プラスチックのチップやデンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れを落とします。
エアーモーター
4.頬舌面・咬合面の清掃作業
歯ぐきを傷つけないように、小さなブラシを使い丁寧にブラッシングしていきます。そして、柔らかいラバーカップで歯と歯ぐきの境目などを丁寧に磨き上げていきます。
  

Posted by みなみなみ  at 18:07Comments(0)

2017年01月06日

歯科で行っている予防歯科メニュー

ブラッシング指導
患者さんのお口の状態に合わせた効果的なブラッシング方法を、口腔ケアのプロフェッショナルである歯科衛生士がアドバイスします。毎日のブラッシングは虫歯や歯周病予防に欠かせません。正しい方法を身につけ、健康なお口や歯を保つようにしましょう。
生体情報モニター
PMTC
歯科医師や歯科衛生士が、専門の器具とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯のクリーニングです。ふだんのブラッシングでは、なかなか落とすことが難しい歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を徹底的に除去。仕上げに歯をツルツルにみがき、汚れの再付着をしにくくすることにより虫歯や歯周病を防ぎます。口臭の予防にも役立ち、歯の軽い色素沈着も除去できるので、自然な歯の白さを取り戻すことができます。
歯科器具

噛み合わせチェック
噛み合わせに問題がある方は、ほとんどの場合、歯ぎしりやくいしばり、頬杖をつく、うつ伏せ寝をするなどのクセをお持ちのようです。偏った力がかかることが噛み合わせに影響します。そのためその「偏った力をコントロール」するためにさまざまな検査を行います。
パルスオキシメーター
予防歯科の重要性
予防歯科とは、病気にかかってから対処する対症療法ではなく、病気を未然に防ぐために生まれた分野です。そしてこの予防歯科の柱といえるのが定期検診といえます。虫歯や歯周病の予防のためには毎日のご自宅でのブラッシングによるケアが欠かせません。どんなにしっかりみがいていると思っていても、実際にはきちんとみがけていない部分があるかもしれません。そして気づかないうちにお口のトラブルが発生するのです。そうなってしまわないように定期的に歯科医院を受診し、プロフェッショナルの目でお口をチェックしてもらうことが大切なのです。  

Posted by みなみなみ  at 17:54Comments(0)

2017年01月05日

快適な口内環境の維持のために

お口の健康維持のためには、毎日の歯磨きや歯間ブラシの使用、甘い物をとり過ぎないなど、セルフケアがとても重要です。しかし、これからはそこから一歩進んだプロによる予防処置が望まれます。日高歯科クリニックでは、効果的な虫歯・歯周病予防法として、PMTCを採用しています。
ハンドピース 歯科
PMTC
プロによる徹底的な歯のクリーニングのこと(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)。PMTCでは、特殊な器具とフッ化ペーストを用い、通常の歯磨きでは落としきれないプラークなどの汚れや、歯の表面に張り付いているバイオフィルムという強固な膜を、プロの技術できれいに除去します。さらに、歯面を研磨することで、処置後にはツルツルの歯面が復活します。なお、痛みはほとんどありませんので、どうぞご安心ください。
歯科用品

PMTCの効果
歯周病の原因である、歯の根元にたまった細菌の棲みかであるプラーク(歯垢)を除去し、歯肉を引き締めます。
細菌の集合体「バイオフィルム」を破壊し、虫歯菌の温床であるプラークの再付着を予防します。
細菌の繁殖を抑制する「フッ素」を用いて研磨することにより、歯質が強化されます。
ワインやコーヒー、紅茶による軽度な歯の着色汚れ「ステイン」が除去でき、光沢のある歯が復活します。
口臭の原因の一つである細菌をきれいに取り除くので口臭予防にも効果があります。
口腔内カメラ
クリニックでは、PMTCの前後に以下のような予防処置を行っています。

最初に歯と歯肉の健康状態をチェックします。歯石がある場合は最初にそれを取り除いてからPMTCをはじめます。

PMTCで歯の徹底クリーニングをした後は、歯全体にフッ素を塗布します。これにより歯のエナメル質を強化し、さらに虫歯の予防効果を高めます。
  

Posted by みなみなみ  at 16:59Comments(0)

2017年01月03日

予防歯科で行われるケア方法

前述したように、予防歯科でのお口のケアは、歯科医や歯科衛生士による指導に基づいた“セルフケア”と、歯科医院などでのブラッシング指導や予防処置を中心とした“プロケア(プロフェッショナルケア)”に分けられ、それぞれ処置方法が異なります。

セルフケア
歯ブラシや歯間ブラシ、フロス、フッ素やキシリトール入り用品を使ったオーラルケア
プロケア
マイクロスコープ 歯科
PMTC
“PMTC”とは“プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング”の略で、プロによる専門器具を用いた歯のクリーニングを指し、普段のケアでは除去しきれない歯の表面の着色や汚れを、徹底的に研磨・清掃する治療法です。
現在、予防歯科治療の中でも最も効果が高いと言われています。
歯科 通販

スケーリング&SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
“スケーリング”とは、超音波スケーラーなどを使用して、歯肉や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を取り除く治療法になり、痛みが少ないのが特徴です。
歯垢や歯石を取り除いた後の歯根の表面はザラザラしているため、スケーリングのあとに“ルートプレーニング”を行い歯根の表面を滑らかにしておくことで、歯垢がつきやすくなるのを防ぎます。

フッ素塗布
歯の再石灰化の促進や虫歯菌の働きを抑制するなど、虫歯に強い歯質をつくる性質があるフッ素を歯の表面に塗布する治療法です。
フッ素は副作用が少なく、虫歯の抑制効果が高い薬剤として知られ、保険診療では3~4ヶ月に一度のフッ素塗布が推奨されています。
エアーモーター
ブラッシング指導
虫歯や歯周病予防の基本であるブラッシングですが、自分ではしっかり磨けているつもりでも実際にはまったく磨けていない、というケースも珍しくないため、歯科医や歯科衛生士の指導によって正しい歯磨きの方法を教わり、日常でのケアを万全なものにします。  

Posted by みなみなみ  at 17:25Comments(0)

< 2017年01>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ