京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年02月07日

歯周病は日本人の歯を失う原因のトップは歯周病です

第1段階:歯肉炎
歯周病原菌が、歯と歯茎の隙間に侵入すると、歯肉は炎症を起こし、赤く腫れて出血します。この段階はまだ歯肉に限局した炎症なので、適切なブラッシングと歯科医師、歯科衛生士によるプラークと歯石の除去など、適切なケアをすれば、歯肉の炎症は治まり、正常な状態に戻ります。
ハンドピース 歯科
第2段階:軽度の歯周炎
歯肉の炎症が深いところまで達し、歯と歯肉の溝の深さが深くなり「歯周ポケット」が形成されます。歯と歯の間の歯肉は赤く、丸くなってきます。この段階では異変に気付かない人がほとんどです。この状態でも、第1段階と同じように、適切なブラッシングとプラークと歯石の除去などの適切なケアで回復が可能です。

第3段階:中等度の歯周炎
炎症はさらに強く広がって、歯肉の色はピンク、赤、紫が混在した状態に。また、歯肉は本来歯を覆っていた位置から下がり、歯の根元付近が徐々に露出してくるので、歯が長くなったように見えます。歯肉の内側では歯を支える歯槽骨がとけ始めます。歯の違和感やグラつき、口の中のねばつき、口臭などの症状が現れますが、まだ気付かない人も多くいます。第3段階以降はプラークの除去などの治療だけでは改善されないことも多く、手術(歯周外科治療)を行うこともあります。
歯科 通販

第4段階:重度の歯周炎
歯肉はさらに下がって歯と歯のすき間も目立つようになります。歯槽骨もだいぶ溶けてなくなっています。歯肉からは膿や血が出て口臭は一層強くなり、歯がぐらつきます。
歯が不安定になるので、本来の位置から動いて歯並びが悪くなったり、十分に噛めなかったり、発音しにくくなることもあります。ブラッシング、プラークや歯石の除去、手術などさまざまな方法を総動員して治療しますが、歯を救えずに抜歯になり、入れ歯やインプラント治療が加わることも少なくありません。
口腔内カメラ
第5段階:終末期
骨が溶け、土台を失った歯は抜け落ちます。抜けた後、入れ歯やインプラントで補う治療をします。  

Posted by みなみなみ  at 17:12Comments(0)

< 2017年02>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ