京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月03日

歯周病の原因は、「直接的な原因」と「間接的な原因(危険因子)」の2種類に分類することができます

歯周病とは、歯垢(プラーク)に含まれる細菌に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、失血したりしてしまう歯の周りの病気の総称です。歯周病の症状が進行すると、最終的には歯が抜けてしまい、現在、日本人が歯を失うもっとも大きな原因とされています。歯周病は初期段階では自覚症状がほとんどないので気づいていない方が多いのですが、実際には日本人成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。
口腔内カメラ
歯周病の原因は、「直接的な原因」と「間接的な原因(危険因子)」の2種類に分類することができます。まず、歯周病の直接的な原因は口の中で食べカスなどからできる歯垢(プラーク)です。歯垢の中には、歯周病細菌が無数に存在し、その歯周病菌に感染することで歯周病が発症するのです。歯周病は、さまざまな生活習慣やお口の中の環境によって、発症を促されたり、悪化させたりします。これが間接的な原因(危険因子)です。具体的には、適合の悪い補綴(詰め物)など歯科治療に関連したものや、口呼吸や歯ぎしりなどの癖なども間接的な原因になります。また、食生活や喫煙、ストレスなどの生活習慣も歯周病と深い関わりがあると考えられています。
歯科材料 輸入

歯周病のチェック
歯周病の典型的な症状は歯茎からの出血です。歯磨きをした時、硬いものを噛んだときなどに出血はしていませんか?通常、健康な歯茎であれば歯磨きで出血をすることはありません。歯茎からの出血は炎症が起こっている場合が多く、歯周病の可能性が高いです。
スリーウェイシリンジ
歯周病は歯を支えている周辺組織の病気なので、歯周組織が歯を支えることができなくなり、硬いものを噛むと痛みを感じる事があります。

通常、歯というものは多少動くものですが、歯周病になると歯周組織が侵されて骨や歯根膜などが溶けてしまうので、歯が大きくグラグラと動いてしまいます。  

Posted by みなみなみ  at 17:44Comments(0)

< 2017年03>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ