京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月08日

予防のための対策をするかどうかで、老後に残る歯の本数が決まります

80歳で残っている歯は、日本人が平均8.9本。アメリカ人は15本!歯科先進国のスウェーデンは25本!日本の場合、歯医者に行くと言えば、治療の為であり、予防のために行く人は少ないです。一方で欧米では70~90%の方が歯のケアの為だけに歯医者を利用しています。

また、80歳で残っている天然歯の数を比べると、日本人が8.9本であるのに対し、アメリカ人は15本。歯科医療の先進国であるスウェーデンでは、なんと25本の歯が残っているといわれています。この結果の違いは歯医者で予防を受けてるかどうかが大きな違いになっています。
生体情報モニター
予防歯科メニュー
プラークチェック
プラークとは、虫歯や歯周病の原因となる「歯垢」のこと。きちんと歯を磨いたつもりでも、歯ブラシが入りにくいところに磨き残しがあるものです。プラークに色をつける液を使ってプラークの磨き残しをチェックすることで、普段磨けていないポイントを一目で把握できるようになります。
歯科器具

ブラッシング指導
歯磨きは口内の細菌を除去するのが目的であり、正しいブラッシングで行わないといけません。歯磨き粉をつけて口の中がさわやかになっただけでは、綺麗になったと言えません。そのために綺麗に磨くためのブラッシング方法を一人一人に指導しています。予防歯科は毎日正しくブラッシングして口の中を綺麗することで、より効果的になります。
歯科用ユニット
PMTC
歯磨きで綺麗に隅隅まで磨いたつもりでも、歯と歯の間や歯と歯肉の境目などには細菌の塊のプラークが残っていることが多いです。そこで歯科衛生士が専門の器具で歯をクリーニングしてプラークを除去するのがPMTC です。磨き残しのプラークを全て除去できるので虫歯予防に効果的です。  

Posted by みなみなみ  at 17:48Comments(0)

< 2017年03>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ