京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月16日

虫歯の原因は、虫歯になりやすい質の歯・糖分・細菌の量などです

むし歯ができる条件
条件の1番目「歯質」というのは歯並びや生まれ持った歯の歯質、歯の形などです。2番目の「糖質」は砂糖などの糖分、「細菌」はむし歯の原因菌ミュータンス菌、4番目の「時間」はプラークが歯を溶かすまでに必要な時間で、1から3の条件が揃っている時間が長いほど、むし歯になる確率が高くなります。
スリーウェイシリンジ
この4つの条件が揃いにくい人、つまり、生まれつき歯が強くてあまり糖分を摂らない、口腔内の細菌が少ない、食事時間が決まっているため甘いものが入ってきても唾液の浄化作用でプラークができにくい人がむし歯になりにくい人だということができます。

CO(ごく初期)
表面が浅く溶けています。若干、白く濁ったり、茶色になったりしますが、 見た目ではわかりにくい場合もあります。削らずに、再石灰化を促し経過観察をします。

C1(初期)
エナメル質が少し溶け出し、小さな孔があきます。 最近ではレーザーで、ほとんど削ることなく痛みなく治療が出来ます。 歯の色をした、プラスチックの詰め物をつめます。
歯科技工 材料

C2(初期~中期)
虫歯が象牙質まで進行しています。 無症状の人もいますが、冷たい物がしみたり、進行すると熱い物がしみたりします。 治療には、麻酔を必要とする場合が多くなります。 金属の詰め物か、プラスチックの詰め物をつめます。 保険適応外ですが、金属の銀色が気になる場合はセラミックの詰め物もあります。
遠心鋳造器
C3(進行した虫歯)
虫歯が神経にまで達している状態です。 炎症が起き、痛みを感じます。 治療には神経を取り除く必要がでてきます。 前歯には、歯の色をしたプラスチックの被せ物をかぶせます。 奥歯には、金属の被せ物をかぶせます。 前歯に使用するプラスチックは劣化しやすいなどの欠点があります。 また、奥に被せる金属の色が気になる場合は、保険適応外のセラミックの被せ物があります。

C4(最終段階)
歯は歯根だけになってしまいます。神経は死んでしまい、膿がたまります。歯が抜け落ちることもあります。

  

Posted by みなみなみ  at 17:06Comments(0)

< 2017年03>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ