京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月28日

歯を溶かしてしまうことによって虫歯になります。

虫歯は自然になおることはなく、永久歯が虫歯になってしまうと二度と元には戻りません。つまり最悪の場合、放置していれば大事な歯を失うことになりかねません
マイクロスコープ 歯科
スウェーデンでは、虫歯ゼロの人は、全体の59%、これに対し日本はなんと4%です。悪くなったら治療するということを繰り返した結果だと思います。虫歯は少しでも初期のうちに、 歯科医院にかかることが大切です。

虫歯は進行段階で適切な治療を施してまいります。進行状況はC0~C4の5段階で表されます。初期の段階では自覚症状もありませんので、見つけにくいので定期健診を受けていない場合は気付くことはないでしょう。早い段階で適切に対処すれば、簡単な治療だけで済みますので、初期の段階で発見する為に定期健診を心がけることは重要です。

C0 最初期
歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。
治療正しいブラッシングと予防治療によって再石灰化することによって治ります。

C1 初期
歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなりますので、歯をチェックしている場合はこの段階で気付きます。痛みはほとんど感じませんが、確実に虫歯が進行している状態です。
治療虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います。

C2 中期
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行している状態です。象牙質に進行すると、甘い物や冷たい物がしみたりと自覚症状が現れはじめます。
治療虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

C3 後期
象牙質によって保護されていた歯の神経まで虫歯が進行している状態です。神経が侵されているので、激しく痛みがあります。
治療被せ物を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療が必要となる場合があります。
パルスオキシメーター
C4 末期
歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。
治療多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。
  

Posted by みなみなみ  at 18:14Comments(0)

2017年03月27日

歯周病の予防と治療には、ブラッシング(歯みがき)で口腔内を清潔に保つ事が一番です

歯周病やムシ歯の原因はプラークです。このプラークは丁寧なブラッシングによって、大部分取り除くことが出来ます。つまり、適切なブラッシングを続ける事によって歯周病は予防することが出来るのです。それだけではなく、程度の軽い歯周病であればブラッシングで治してしまう事も可能です。
オートクレーブ
歯周病を悪化させない生活習慣病の改善
たばこを吸わない
たばこを吸う人は、吸わない人に比べて歯周病にかかりやすいと言われます。
これはニコチンなどの作用によって血液の流れが悪くなり、細菌と戦う働きが弱くなるからです。

 柔らかいものばかり食べない
柔らかい食べ物はカスが歯に付きプラークが形成されやすくなります。
歯ごたえのあるものや、食物繊維を多く含んだ食品をしっかり噛んで食べましょう。
歯科器材

両側の歯で噛む
片側の歯でばかり噛んでいると、噛んでいる側の歯は汚れが自然に落ちますが、あまり噛まない側の歯にはプラークが溜まりやすくなります。
意識して両側の歯で噛みましょう。

糖分(砂糖)を摂り過ぎない
大人だけではなく、子供にも歯周病は多く見られます。子供は特に砂糖が多く含まれているお菓子や清涼飲料水などを摂りすぎる傾向があります。これは、ムシ歯にも良くありません。
超音波スケーラー
PMTC(歯のクリーニング)
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは口腔衛生のプロフェッショナルが特殊な器具を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯みがきでは落としきれない歯と歯ぐきの溝などにたまった歯垢や歯石を徹底的に除去し、歯周病だけでなく虫歯も予防します。  

Posted by みなみなみ  at 18:08Comments(0)

2017年03月24日

歯を支える骨を溶かして、土台から根こそぎ駄目にしてしまう恐ろしい病気

歯を失うケースの半数以上が、この歯周病が原因であるといわれています。大切な歯を守るために、正しい知識を持ち、生活習慣から見直す気持ちで、歯周病ケアに取り組みましょう!
マイクロモーター
ブラッシング指導
「毎日ブラッシングしているのに、すぐに虫歯になる」という方は、ブラッシング方法やブラシの選び方などに問題がある可能性があります。適切なブラッシング方法やブラシの選び方などを丁寧にご指導することで、患者様のご自宅でのケアを効果的なものにします。
歯医者 器具

PMTC
「PMTC」とは、「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」の略です。歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って歯石や歯垢(プラーク)を除去します。ご自宅でのケアだけでは落とすことのできない汚れもきれいに除去できるため、効果的に病気予防をはかることが可能です。
エアーモーター
「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」まだまだそうお考えの方も多いかと思いますが、そうではありません。「歯が痛くなる前に行き、効果的に病気予防をはかるところ」でもあるのです。当院ではこうした意識を変えるために、患者様のお口の中をチェックして、虫歯や歯周病などのリスクを詳しくご説明しますので、患者様ご自身も積極的に「歯に対する意識」を高めるようにしてください。「歯に対する意識」を高めること、これこそが病気予防に対して最も効果を発揮するものなのです。
超音波スケーラー
予防歯科は、継続的に受けられることで高い効果を発揮します
予防歯科は、継続的に受けられることで高い効果を発揮します。ですので、患者様の状態によっても異なりますが、3ヶ月~半年に一度程度の頻度で、当院にご来院頂き予防歯科を受診されることをおすすめします。
  

Posted by みなみなみ  at 17:34Comments(0)

2017年03月23日

歯周病は、プラークという歯の汚れ・細菌の塊によって引き起こされます

歯を支える骨を溶かして、土台から根こそぎ駄目にしてしまう恐ろしい病気です。歯を失うケースの半数以上が、この歯周病が原因であるといわれています。大切な歯を守るために、正しい知識を持ち、生活習慣から見直す気持ちで、歯周病ケアに取り組みましょう!
 歯科 マイクロスコープ
PMTC
「PMTC」とは、「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」の略です。歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使って歯石や歯垢(プラーク)を除去します。
ご自宅でのケアだけでは落とすことのできない汚れもきれいに除去できるため、効果的に病気予防をはかることが可能です。

ブラッシング指導
「毎日ブラッシングしているのに、すぐに虫歯になる」という方は、ブラッシング方法やブラシの選び方などに問題がある可能性があります。適切なブラッシング方法やブラシの選び方などを丁寧にご指導することで、患者様のご自宅でのケアを効果的なものにします。

予防歯科は、継続的に受けられることで高い効果を発揮します
予防歯科は、継続的に受けられることで高い効果を発揮します。ですので、患者様の状態によっても異なりますが、3ヶ月~半年に一度程度の頻度で、当院にご来院頂き予防歯科を受診されることをおすすめします。
歯科 鉗子
「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」まだまだそうお考えの方も多いかと思いますが、そうではありません。「歯が痛くなる前に行き、効果的に病気予防をはかるところ」でもあるのです。当院ではこうした意識を変えるために、患者様のお口の中をチェックして、虫歯や歯周病などのリスクを詳しくご説明しますので、患者様ご自身も積極的に「歯に対する意識」を高めるようにしてください。「歯に対する意識」を高めること、これこそが病気予防に対して最も効果を発揮するものなのです。  

Posted by みなみなみ  at 17:10Comments(0)

2017年03月22日

アメリカやヨーロッパの人たちに比べて、日本人は残存歯数が少ない

「毎日、歯磨きしているのに、なぜ、むし歯ができるんだろう?」と思ったことはありませんか。以前はむし歯の原因といえば、歯質・むし歯菌・砂糖などの条件がそろうと発症する、というものが定説でした。
ハンドピース
最近では、より詳しいメカニズムが分かり、予防法も確立されてきています。ただ一生懸命磨くだけでは、予防しきれないむし歯。だからこそ、プロの技術で口の健康を保つ歯のクリーニング「PMTCピー・エム・ティー・シー」が注目を集めているのです。

P.M.T.C(プロフェッショナル・メカニック・ツール・クリーニング)とは、歯科衛生士によって、専用の機械を用いて行われるプラークコントロール法です。歯周病や虫歯の予防はもちろん、歯を白くする効果や歯周病や虫歯のリスクを減らすことができます。

歯周病や虫歯を引き起こす元凶である、プラーク(歯垢)。このプラークを取り除くには、毎日の丁寧なブラッシングが必要ですが、実は完ぺきにするのは難しいもの。歯ブラシが届きにくいところに、プラークが残ってしまうことが多いのです。それをきれいに取り除いてくれるのが"PMTC"。所要時間は30分〜1時間程度。痛みは全くないので安心して受けられます。
歯科材料 輸入

こんな方にオススメ
タバコを吸っていて、ヤニが気になる方
歯石がつきやすい、または歯が汚れやすいと感じている方
歯ぐきが腫れたり、出血のある方
歯ぐきが痩せて、歯が長くなったと言われたり、ご自身でお感じの方
歯周病やむし歯の予防をしたい方
 何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたい方

PMTCって痛くないの?
歯のクリーニング専用に開発された特殊なブラシやゴムのカップなどを使うので痛くありません。PMTCの特長は、爽快感と快適さにあります。
オートクレーブ
PMTCはどのくらいの間隔で行いますか?
その方のリスク(歯や歯肉の強弱、細菌の強さ、唾液の量、着色の程度、生活習慣など)によってさまざまですが、一般的には3〜4か月に1回の割合で行います。
  

Posted by みなみなみ  at 17:55Comments(0)

2017年03月21日

まずは歯周病について知りましょう

歯周病は、再発リスクが非常に高いお口の感染症です。重症化した状態の歯周病は「歯槽膿漏」とも呼ばれますが、現在では軽度の炎症(歯肉炎)から歯槽膿漏までのすべての段階をひとくくりにして「歯周病」と呼んでいます。
マイクロスコープ 歯科
高齢者がかかる病気だと思われがちですが、近年は10代や20代といった若年層が歯周病を発症するケースも増えています。歯周病のリスクが高まるのは、免疫力が低下しはじめる30代から。30代以上の成人は、歯周病についてしっかり考えておく必要があると言えます。たとえ今は大丈夫でも、今後もずっと大丈夫だとは限らないからです。

ブラッシングには限界があります
歯周病菌はプラークの中で増殖するため、毎日のブラッシングと補助的清掃器具(デンタルフロスなど)でプラークをしっかりと落とす必要があります。しかし、どんなに丁寧にブラッシングやフロスを行っても、完璧にプラークを取り除くことはできません。プラークが蓄積して石灰化したものが歯石です。歯石自体に歯周病菌が潜んでいることはありませんが、表面がザラザラした歯石にはヌルヌルしたプラークが付着しやすく、歯石ができるとプラークを大量に招きやすくなるので、歯周病菌が増えて歯周病が発症・進行しやすくなってしまいます。毎日のブラッシングとデンタルフロスなどの補助的清掃器具を使用したセルフケアと併せて、定期的に歯科医院でのプロケアを受けることで予防することができます。
歯科材料 輸入

歯周病治療(基本治療)
スケーリング
スケーラと呼ばれる器具で、歯や歯周ポケットに付着している歯石やプラークを除去します。
エアーモーター
SRP
歯根面に付着した歯石を取り、デコボコになった歯の表面をツルツルに磨く処置です。プラークの再付着を防ぎます。

PMTC
歯科衛生士が行う専用の機器を使用した歯のクリーニングです。ブラッシングだけでは落とせない汚れも除去できます。
  

Posted by みなみなみ  at 18:07Comments(0)

2017年03月20日

歯周病は中高年が歯を失う最大の原因

中高年の人が歯を失う最大の原因は、歯周病です。この病気は、歯と歯ぐきの間から原因菌が入り込み、歯を支えている歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。歯肉炎というのは、炎症が歯ぐきの部分だけに限られる状態。歯周炎というのは、さらに炎症が深く広がって、歯の周りの組織や歯槽骨を壊すまで進行した状態をいいます。
ホワイトニング機器
歯周病からくる口腔細菌が全身に及ぼす影響
肺炎
歯周病菌が肺炎患部から検出される。誤飲により口腔内の細菌が呼吸器官に入る。

感染性心内膜炎
歯周病菌が心内膜炎患部から検出される。

低体重児出産
歯周病菌の毒素が体内の炎症物質を増加させる。低体重児出産(早産)の母親の炎症物質量は、歯周ポケット及び羊膜内双方で高く、相関する。

歯周基本治療

この治療方法はどんな歯周病のステージになっても必ず、この治療方法からはじめます。まずは原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などを行います。
電気歯髄診断器
歯垢の除去をプラークコントロールと呼びます。歯科衛生士によるクリーニングや自宅でのセルフチェックで行います。歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除きます。歯石、毒素や微生物で汚染された表層を除去することも行われます。

また、歯周病が進行すると歯がぐらついてきます。動いてしまうのです。そんな歯で噛むと負担が増してしまいます。悪化する可能性もあるために、負担を軽くするために歯を削るなどの処置で、かみ合わせを調整します。歯科用の接着剤を使うこともあります。この基本治療により歯周病が改善される人もいます。もしも改善された状態を維持しているのであれば、メインテナンスで治療を進めていきます。  

Posted by みなみなみ  at 17:58Comments(0)

2017年03月17日

40歳以上の方の歯の抜ける原因は「歯周病」といわれています

歯周病にかかっている人の割合は25歳から34歳の成人で75%、35歳から64歳で80%となっています。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を、日頃の歯磨きや定期検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
レントゲン照射器
歯周病は大切な歯を奪う可能性があるだけでなく、全身疾患とも深いつながりがあることがわかっています。お口の健康、そして全身の健康を守るためにも、歯周病治療はとても重要なものなのです。

心臓疾患
歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなります。その結果、心筋梗塞や狭心症などを招くことがあります。

肺炎
歯周病菌が誤えん(食べものを誤って飲み込み、肺に入り込むこと)によって肺に入ると、肺炎を引き起こすことがあります。
歯科材料 輸入

糖尿病
歯周病にかかっていると糖尿病を誘発・悪化させ、逆に糖尿病にかかっていると歯周病を……とこの二つの病気はとても深い関係にあるといわれています。
ニッケルチタンファイル
定期検診を受けましょう
歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。  

Posted by みなみなみ  at 16:19Comments(0)

2017年03月16日

虫歯の原因は、虫歯になりやすい質の歯・糖分・細菌の量などです

むし歯ができる条件
条件の1番目「歯質」というのは歯並びや生まれ持った歯の歯質、歯の形などです。2番目の「糖質」は砂糖などの糖分、「細菌」はむし歯の原因菌ミュータンス菌、4番目の「時間」はプラークが歯を溶かすまでに必要な時間で、1から3の条件が揃っている時間が長いほど、むし歯になる確率が高くなります。
スリーウェイシリンジ
この4つの条件が揃いにくい人、つまり、生まれつき歯が強くてあまり糖分を摂らない、口腔内の細菌が少ない、食事時間が決まっているため甘いものが入ってきても唾液の浄化作用でプラークができにくい人がむし歯になりにくい人だということができます。

CO(ごく初期)
表面が浅く溶けています。若干、白く濁ったり、茶色になったりしますが、 見た目ではわかりにくい場合もあります。削らずに、再石灰化を促し経過観察をします。

C1(初期)
エナメル質が少し溶け出し、小さな孔があきます。 最近ではレーザーで、ほとんど削ることなく痛みなく治療が出来ます。 歯の色をした、プラスチックの詰め物をつめます。
歯科技工 材料

C2(初期~中期)
虫歯が象牙質まで進行しています。 無症状の人もいますが、冷たい物がしみたり、進行すると熱い物がしみたりします。 治療には、麻酔を必要とする場合が多くなります。 金属の詰め物か、プラスチックの詰め物をつめます。 保険適応外ですが、金属の銀色が気になる場合はセラミックの詰め物もあります。
遠心鋳造器
C3(進行した虫歯)
虫歯が神経にまで達している状態です。 炎症が起き、痛みを感じます。 治療には神経を取り除く必要がでてきます。 前歯には、歯の色をしたプラスチックの被せ物をかぶせます。 奥歯には、金属の被せ物をかぶせます。 前歯に使用するプラスチックは劣化しやすいなどの欠点があります。 また、奥に被せる金属の色が気になる場合は、保険適応外のセラミックの被せ物があります。

C4(最終段階)
歯は歯根だけになってしまいます。神経は死んでしまい、膿がたまります。歯が抜け落ちることもあります。

  

Posted by みなみなみ  at 17:06Comments(0)

2017年03月15日

歯周病は地球上で最も感染の多い病気

歯周病とは口の中の菌が増え衛生状態が悪化することで、歯茎の間から菌が侵入し骨を溶かしてしまう病気。40才以上の成人の5人のうち4人以上が歯周病で、地球上で最も感染者の多い病気と言われています。症状は様々ですが口臭や歯茎からの出血などです。当院では治療の他に歯ブラシの硬さやブラッシングの強さなども一緒にアドバイスしたいと思っています。
超音波スケーラー
歯周病の進行と治療方法
軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖しています。歯肉に軽い炎症が起き、腫れ・出血が見られる状態です。

【具体的な治療方法】
・ブラッシング指導による歯磨きを改善する。
・1~2回のクリーニングで短期間の治癒が可能となる。

中等度歯周病
出血や口臭がひどくなり、歯周ポケット内の歯石が目立つ状態です。細菌による骨の後退が徐々に始まります。歯周ポケットも深くなり、歯がグラつき始めます。

【具体的な治療方法】
・歯周ポケットの奥に付着した歯石を取り除く。
・痛みを感じるときは、麻酔を行う。
・状態によっては歯周外科が必要となる。
歯科機器

重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れあがり、骨の破壊もかなり進んだ状態です。歯槽骨が歯を支えきれなくなり、揺さぶるとグラグラと大きく動きます。
生体モニター
【具体的な治療方法】
・歯周外科の処置が必要となる。
・歯の保存が不可能な場合は抜歯をする。  

Posted by みなみなみ  at 17:38Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ