京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月05日

歯周病は大切な歯を奪う可能性があるだけでなく、全身疾患とも深いつながりがあることがわかっています

歯周病は現在日本の30~40代の8割もの人がかかっているという病気です。
放置していても自然治癒することはなく、進行すると歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。
ハンドピース
実際に歯を失っている方の多くの原因は歯周病であり、重度の症例の場合は歯だけではなく、顎の骨まで溶かしてしまう危険性もあります。また、その神経や血管から歯周病菌が全身へと回り、心疾患や認知症などを誘発する恐れもあります。

歯周病は早期発見・治療がベストですので、歯ぐきが腫れている・歯磨きをすると血や膿が出る・口臭がキツくなったなど、上記の症状に心当たりのある方は、一度ご相談ください。

歯周病の原因
歯周病の原因はプラークの中に存在する歯周病菌が、歯肉を炎症させることが原因です。また、歯石などの汚れなども原因とされているので、歯周病を予防するには毎日のケアと定期的な歯科医院でも口内クリーニングが鍵となっています。
歯科治療器具

歯周検査と治療法
まず、検査(歯周ポケット検査、咬合検査、歯の動揺検査、レントゲン撮影、口腔内撮影)を行って、患者さんの口内の状態を判断します。治療はプラークコントロールが主になり、期間をおいて経過を見守っていきます。歯肉・口内の状態が安定しましたら治療終了となり、今後は定期的にメンテナンスをおこない、再発防止に努めていただきます。
オートクレーブ
歯周病の予防方法
歯周病は歯周病菌の「巣」となるプラークを取り除くことが第一です。そのためには歯磨きを忘れずに行うのが重要で、さらに自分の口内構造にあった正しい歯 磨きを行うことが求められます。当院では歯科衛生士による歯磨き指導もさせていただいておりますので、日々のケアの向上にしっかり反映させていきましょ う。  

Posted by みなみなみ  at 18:12Comments(0)

< 2017年04>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ