京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月17日

ムシ歯の治療に使用する銀歯はお口の中で目立つ

お口にコンプレックスを持たれる方は少なくありません。このようなお口の悩みを解決するのが審美歯科です。一般的に審美歯科というと、美しさを追求することだけが目的だと思われていますが、実はそれだけではありません。金属製の詰め物や被せ物をセラミック素材に取り替えて自然な美しさを取り戻すとともに、咬み合わせを調整することでお口の機能を回復させる総合的な診療メニューなのです。
マイクロモーター
メタルフーり治療
かつては、保険診療内で虫歯治療をすると、詰め物や被せ物には主に金属が用いられてきました。しかしこのような金属(特にアマルガム)には、水銀・銀・スズなどの重金属が含まれており、金属アレルギーやその他体の不調を引き起こす原因になるおそれがあります。

ハイブリッドセラミック
超微粒子セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた素材。セラミック独特の審美性と耐久性、プラスチックの柔軟性を上手く生かした詰め物・被せ物を作製できます。
歯科治療器具

メタルボンド
金属のフレームをセラミックでコーティングした素材。土台が金属でできているので耐久性があり、見た目にも美しいという利点があります。主に奥歯などに使用します。
http://hanokennkou.shiga-saku.net/
オールセラミック ~より白く輝く歯に~
補綴物(詰め物や被せ物)の素材には種類があり、その中の一つに「オールセラミック」があります。 

オールセラミックはすべてセラミックからなります。 
補綴物のなかには金属を使うものもありますが、オールセラミックは、内部に金属を使用しないため、より透過性が高く、セラミックならではの透明感のある美しさが生かされます。 
超音波スケーラー
光を透過するので透明感があり、補綴物の中で最も透明度が高いことから、見た目が重要視される前歯に適していますが、奥歯でも強度的にも問題ありません。 金属を使った補綴物の場合では、歯茎が痩せると金属部分が見えてしまったり、金属イオンによって歯茎が黒ずんだりすることがありますが、オールセラミックはこのような不安がありません。  

Posted by みなみなみ  at 18:01Comments(0)

< 2017年04>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ