京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年05月02日

歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります

朝・昼・晩と一生懸命に歯ブラシをしているのに、なぜ虫歯や歯周病にかかってしまうのだろうと不思議に思われたことはありませんか?残念ながら歯を磨いているのと磨けているのとは違います。人は皆、歯ブラシの磨き方に癖があるので意識をせず磨いていると歯ブラシの毛先が正しく当たっている場所と正しく当たっていない場所ができてしまいます。そして、磨けていないところにプラークが溜まり、虫歯や歯周病になってしまうのです。
生体情報モニター
歯周病とは歯槽膿漏とも呼ばれており、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、歯を支える歯槽骨を破壊し、最後に は歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じることが少ないということです。歯の表面は虫歯ではなくても 歯ぐきの下で歯周病が進行し、虫歯になって久しぶりに歯医者に行ってみたら歯周病が進行していたということが多いのです。

1. 初期検査

精密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さや、日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい、間違ったブラッシング方法で磨いていないかを調べます。
http://yaplog.jp/zetashika/profile/
2. 初期治療
歯周病の大きな原因である「歯石」を除去します。主に超音波器具を用いて歯石を取ります。

3. 再評価
歯周病の治り具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

4. 外科治療(必要に応じて)
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。
歯科用ユニット
5. 定期健診
歯周病は治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は定期検診を受けるようにしましょう。歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります。歯周病は早期発見、早期治療が一番です。  

Posted by みなみなみ  at 18:14Comments(0)

< 2017年05>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ