京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年05月19日

病気にならないように防ぐこと。これが予防歯科というものなのです

日本の歯科治療は今まで「治す」ことが目的でした。もちろん虫歯や歯周病を治療することは大切ですが、「治しておしまい」ではいけません。ブラッシングなどの虫歯にならないためのケアを怠れば、また新しく虫歯をつくってしまうだけです。あなたのお口の中にも、いくつかの詰めものや被せものがあるのではないでしょうか。ハンドピース

また、知らないうちにかかって知らないうちに進行していく歯周病にも予防が必要です。放っておいて歯が抜けてしまってから後悔しても遅いのです。かかってしまった病気を治すのではなく、病気にならないように防ぐこと。これが予防歯科というものなのです。
超音波スケーラー
レントゲン診査を利用した予防歯科
予防歯科でレントゲン撮影をすることでの効果とは一般的な歯科検診は、目視できる範囲で行います。しかし、実際の虫歯や歯周病などお口のトラブルは「歯ブラシが届きにくい場所」に起こりやすいもの。レントゲン撮影せず「隠れ虫歯」があると、気づかないまま進行します。痛みが出て気づく頃には大きな虫歯に!

ということもあります。そこで、レントゲン撮影も加えて精査します。目視だけの診査では見落としがちな歯と歯の間や奥歯の見えにくい部分、また歯ぐきの中に隠れている部分(歯根や歯周組織)の状態まで確認することが可能。細部まで検診することで、予防の精度も上がるのです。
歯科 通販

虫歯になる「4つの条件」を回避する
虫歯になりやすい条件である「菌・糖分・歯質・時間」を満たさないようにするにはどうしたらよいのでしょうか。虫歯菌の働きを抑制するためには、まず毎日の歯みがきを正しく行うこと。そして食べ物をよく噛み、唾液を十分に出すことで自浄作用を促します。糖分に対しては、歯みがきで糖分をお口に留めたままにしないこと。おやつを選ぶ際には歯に付着しやすいものを控える工夫をしましょう。

歯の質を強化するため、歯磨き剤にフッ素入りのものを使用したり、定期的にクリーニングを受けることもよいでしょう。長時間、歯が汚れたままになっていることを避け、糖分はダラダラ喰いをしないことなどの工夫をしましょう。

PMTC
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、「専用器具を用いたプロによる歯のクリーニング」のことです。ドクター・歯科衛生士が専用の機材とフッ素入りペーストを使用し、虫歯や歯周病の最大の原因であるバイオフィルムを除去していきます。普段、自分では磨ききれない磨き残しや茶しぶ・たばこのヤニ汚れなどもきれいにできるので、施術後はお口の中がとてもすっきりすると好評です。  

Posted by みなみなみ  at 17:36Comments(0)

2017年05月19日

歯が健康であっても抜けてしまいます

健康な状態では、歯と歯茎はぴったりくっついています。歯周病とは、歯周病菌がこの歯と歯茎の隙間に入り込み、やがては歯槽骨(歯を支えている骨)に達し、この骨を溶かしてしまう病気です。骨を溶かしてしまうなんて、歯を溶かしてしまうむし歯菌と同じくらいこわいですね。もちろん、歯槽骨が溶けてしまったら、歯を支えることは出来ませんので、歯が健康であっても抜けてしまいます。
ハンドピース 歯科
しかも、今や成人の8割が歯周病であると言われています。そして、むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。このように、ほとんどの人がかかっている上に、骨が溶け、健康な歯でも抜けてしまう怖い病気なのですが、本当に怖いのはこれだけではありません。
オートクレーブ
歯肉炎
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間に歯垢が溜まり、炎症を起こしている状態です。痛みはありませんが、歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血が見られることがあります。
http://minaminami.kyo2.jp/
初期歯周炎
歯周ポケットが深くなり、顎の骨が溶かされかけています。腫れや出血が強まり、歯ぐきのむずがゆさ、口臭などが出てきます。
歯科用品

中等度歯周炎
炎症が進み、顎の骨が半分以上溶けている状態です。歯ぐきがやせて歯が長くなったように感じ、歯のグラつきが現れたり口臭が強くなったりします。

重度歯周炎
顎の骨がほとんど溶かされてしまった状態です。膿が出て、口臭がさらに強くなります。歯は大きくグラつき、やがて抜け落ちてしまいます。

歯周病の主な原因は歯垢です。歯茎のまわりに歯垢が蓄積して、歯周病菌に感染することで歯茎が腫れて歯肉炎(歯周病の初期状態の総称)を引き起こします。症状が進行すると歯茎の腫れが大きくなり、歯と歯茎の間に「歯周ポケット」と呼ばれる隙間ができます。さらに進行すると、歯がぐらぐらと動くようになり、最終的に歯が抜けてしまうこともあります。歯垢は時間が経過すると、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは除去できない歯石になります。歯石そのものは歯周病の原因ではありませんが、ご自宅でのケアだけでは取り除けないため、まわりの歯垢の除去を邪魔して、歯周病の発症や進行を助長する場合があります。  

Posted by みなみなみ  at 17:26Comments(0)

< 2017年05>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ