京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月01日

歯周病を抑えることはとても簡単なことなのです

歯周病は自覚症状が出にくく静かに重症化していく病気で、日本人の約8割が患っているとされています。そのためご来院される頃には相当進行していることが多く、重度の歯周病の場合には歯を失ってしまうこともあります。しかし、定期的なメインテナンスや適切な治療を行えば、歯周病を抑えることはとても簡単なことなのです。
口腔内カメラ
歯を失う原因の第1位は歯周病です
現在、日本人の歯を失う原因はむし歯ではなく、歯周病です。静かに進行が進み、気がついた頃には骨が溶け、手遅れになってしまうケースがあります。一度失った歯は元には戻りませんので、上記のような症状がある方は、お早めにご受診ください。

歯周病の原因
歯周病とは、歯垢(プラーク)の中の歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起きたり、歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」が深まり、歯を支えている骨や組織が溶かされてしまう感染症です。自覚症状がほとんどないため、気付いた時にはすでに歯が抜け落ちてしまうほどの手遅れの状態になっている場合が少なくありません。
スリーウェイシリンジ
綿密な検査をして歯周病になっている原因を調べます。 レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さや日頃行って いるブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。
歯科治療器具

歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。 歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていない ことが原因です。

歯周病のなおり具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。 歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

歯周病は、治ってからが肝心です。3ヶ月から6ヶ月に1回は、定期検診を受けるようにしましょう。歯石がたまってしまえば、また歯周病になってしまう可能性があります、歯周病は、早期発見・早期治療が一番です。  

Posted by みなみなみ  at 18:10Comments(0)

< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ