京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月05日

むし歯に冒された歯はごく初期でない限り、自然に治りません

一般歯科とは、主に、むし歯治療を行う診療科目です。しかしまず、むし歯治療はむし歯を「治癒する」ことはないということを知ってください。
むし歯が進行すると、歯を削る処置が必要になります。処置を行えば、痛みやしみるといった症状は改善されるかもしれませんが、それは患部を削り、人工物(歯科素材)と置き換えているにすぎないのです。歯科治療器具

つまり、ご自身の天然の歯質は失われることになり、ひいては歯の寿命を縮めてしまうことになるのです。むし歯は歯垢(プラーク)の中で増殖した病原菌が、食べ物などの糖分をもとに酸を出し、歯を溶かしていく感染症です。予防のできる病気ですので、ご自分の歯を長く使えるように、症状が出る前に予防歯科を利用しましょう。オートクレープ

CO(ごく初期)
表面が浅く溶けています。若干、白く濁ったり、茶色になったりしますが、 見た目ではわかりにくい場合もあります。削らずに、再石灰化を促し経過観察をします。

C1(初期)
エナメル質が少し溶け出し、小さな孔があきます。 最近ではレーザーで、ほとんど削ることなく痛みなく治療が出来ます。 歯の色をした、プラスチックの詰め物をつめます。
http://zetadentaljp.blogspot.com/
C2(初期~中期)
虫歯が象牙質まで進行しています。 無症状の人もいますが、冷たい物がしみたり、進行すると熱い物がしみたりします。 治療には、麻酔を必要とする場合が多くなります。 金属の詰め物か、プラスチックの詰め物をつめます。 保険適応外ですが、金属の銀色が気になる場合はセラミックの詰め物もあります。
歯科器具

C3(進行した虫歯)
虫歯が神経にまで達している状態です。 炎症が起き、痛みを感じます。 治療には神経を取り除く必要がでてきます。 前歯には、歯の色をしたプラスチックの被せ物をかぶせます。 奥歯には、金属の被せ物をかぶせます。 前歯に使用するプラスチックは劣化しやすいなどの欠点があります。 また、奥に被せる金属の色が気になる場合は、保険適応外のセラミックの被せ物があります。

C4(最終段階)
歯は歯根だけになってしまいます。神経は死んでしまい、膿がたまります。歯が抜け落ちることもあります。  

Posted by みなみなみ  at 18:05Comments(0)

< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ