京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月13日

予防歯科の基本は、定期的な検診と毎日の患者様の歯ブラシを効率よく繰り返すことです

予防歯科とは、むし歯や歯周病といった病気を未然に防ぐことを意味します。長光歯科医院では、特に予防歯科に力を入れております。なぜならば、病気になってから治すよりも、むし歯や歯周病をなどにならないように日ごろから気をつけることのほうが何倍も価値があることだと考えているからです。
オートクレーブ
予防歯科の基本は、定期的な検診と毎日の患者様の歯ブラシを効率よく繰り返すことです。それをサポートするため、当院では衛生士によるブラッシング指導や、クリーニングを行っております。

セルフケアだけでは不十分?
毎日の歯磨きは非常に大事であることはいうまでもありません。正しいブラッシングのみならず、適切な歯ブラシの種類、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助的な道具の使用などがきちんと正しくできているかも大切となります。
 
しかしながら、ご自身の歯ブラシケアだけでお口の中全体のプラークや歯石をすべて取り除く事は不可能です。残念ながら、毎日歯ブラシを行っていてもむし歯や歯周病を完全に防ぐことはできません。誰しもが、苦手な部分や磨けていない場所があるのです。そういう場所を一緒に見つけてきれいにしていく作業が当院の仕事となります。
 超音波スケーラー
また、プラークが放置され固まり歯石になりますと、歯ブラシでは絶対に取れません。特別な器械や器具を用いて除去する必要があります。放置すると、歯石の周りの歯肉が炎症を起こし歯肉炎や歯周病の原因になります。定期的なクリーニングやブラッシング指導が必要です。

治療の流れは、次のようになります。
 1、日々のブラッシング、歯茎のチェック
2、歯石の除去
3、歯茎の再チェック
4、歯茎の深い部分の歯石の除去
5、歯茎の再々チェック
6、歯周外科処置
 
歯茎から血が出る歯周病(歯肉炎)の場合、日々のブラッシングと定期的な歯石の除去で、改善することができます。歯石の除去は、お口の状態にもよりますが、三か月に一度程度が目安です。歯周病が進んでしまった場合、何も治療をしなかった場合、歯が自然に抜けてしまう可能性があります。治療にあたり、歯周外科処置を行うこともあります。お気軽にご相談して下さい。
  

Posted by みなみなみ  at 17:57Comments(0)

< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ