京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年06月26日

あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。 あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。

歯周病の原因 
歯周病の原因は、お口の中にいる細菌です。さらにその中で、歯周病菌と呼ばれる菌が歯周病の原因となっています。むし歯菌も歯周病菌も、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバした細菌のかたまりの中にすんでいます。ネバネバしているので、いろんな細菌がくっつきやすくなっています。(とりもちみたいですね。)

さらにネバネバした歯垢が石灰化して硬くなると、歯石と呼ばれるようになります。この歯石の表面はザラザラしているので、そこにも歯垢がつきやすくなります。歯垢の段階なら歯ブラシでこすれば取れるのですが、歯石になってしまうと歯ブラシでは取れませんので、歯医者さんで除去するようになります。歯周病にならないためには、口の中の細菌を減らせばいいわけで、むし歯と同じく、やはり歯ブラシできちんと歯を磨くのが有効なのですが、歯周病になるのにはこれ以外にもいくつか原因があると言われています。
生体情報モニター
初期状態
歯の根元に少し歯垢や歯石がついている。 あまり自覚症状はない

歯周炎
歯と歯の間の歯肉が腫れる。あまり自覚症状はない。歯ブラシで出血する。あまり動揺はない。
歯科材料

歯周病中程度
歯の周辺の歯肉も赤く腫れる。出血・口臭・起床時の不快感がある。歯が揺れる。

歯周病重症
歯ぐきが化膿し、腫れることもある。歯の動揺が著しくある。
歯科用ユニット
スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
スケーリング・ルートプレーニングは歯周ポケットの中に侵入(感染)し、歯を支えている骨(歯槽骨)を破壊する細菌の塊を除去することです。炎症が強い歯肉の場合、炎症性の歯肉組織も除去するため、治療後歯肉に痛みがある場合があります(※必ずでるものではありません)。また、歯肉の腫れがひいて健康な状態まで戻る(見かけ上、歯肉はさがりますが、これが健康な状態です)ことから、歯根部が露出するために知覚過敏が起こる場合もあります。通常は1週間がピークで歯肉組織が治り、2~3週間で消えていきます。
  

Posted by みなみなみ  at 17:58Comments(0)

< 2017年06>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ