京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月06日

歯周病は、早期発見・治療を心がけることで進行を抑えることができる病気です

「歯周病大国」とも呼ばれている日本。30代になると約8割が歯周病と言われ、私たちにとって決して他人事ではない病気です。「ブラッシングの時に血がでる」「歯ぐきが腫れている」と感じたら、当院までお越しください。歯周病は早期発見・治療が肝心ですよ。歯周病は「歯周病菌」という細菌が歯茎に入り込み、歯茎を炎症させたり、歯を支えている顎の骨を溶かしてしまう病気です。自然治癒することはなく、放っておけばそのぶん進行していきます。進行が進むと歯を失ったり、大幅な外科手術を必要とする場合がある恐ろしい病気です。
ハンドピース
歯周ポケットについて
テレビや雑誌などで耳にすることの多い「歯周ポケット」。単語は知っているけど、詳しく歯周ポケットについて知っていますか?歯周ポケットとは歯と歯茎にある“溝”のことで、健康な歯茎の場合歯周ポケットの深さは0~2mm程度です。
超音波スケーラー
歯周病に侵され、歯茎が炎症をおこしたり、骨が溶けていたりすると歯周ポケットはどんどん深くなります。ここは歯ブラシも入りにくく磨き残しが多いので、汚れや歯石が溜まり歯周病菌の温床となります。歯周病と判断されるのは4mm以上。6mm以上が重症と判断されます。

歯周病が体におよぼす影響
歯周病は、糖尿病や心臓疾患などの全身疾患とも深いつながりがあります
http://minaminami.soreccha.jp/
スケーリング
歯周病治療の基本ともいわれる処置で、担当歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる器具を使って歯ぐきから上の汚れを除去いたします。汚れの中の細菌も同時に除去して歯周病の進行を食い止めます。歯の裏・歯と歯の間・歯周ポケットの入り口など、毎日の歯磨きでは落としきれないプラークをていねいに除去しますので、処置後はお口の中がさわやかになり、細菌が発生する不快な臭いも軽減します。初期の歯周病の場合は、スケーリングを数回行うと、症状がほぼ改善されます。
歯科材料

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)
歯ぐきから下に付着している汚れを取り除く処置です。歯周ポケット内部の汚れは通常のスケーリングでは取り除くことができないので、SRPで除去いたします。歯周ポケット内部にスケーラーを入れますので、痛みを抑えるために麻酔をかけます。根の回りに付着している歯石には原因菌も含まれるので、スケーラーでまとめて除去いたします。これにより歯ぐきが引き締まり、歯周病の進行が抑えられます。  

Posted by みなみなみ  at 17:50Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ