京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月13日

自費診療の治療よりも、割れる・取れるなどの可能性があります

インレー(詰め物)
インレーとは、虫歯を削り取った後の歯に埋める詰め物です。インレー(詰め物)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。また、プラスチックで強度は劣りますが、保険内でも白い材料のインレーを製作することは可能です。

クラウン(被せ物
クラウンとは、虫歯を削り取った後に歯の全体を覆う被せ物です。ブリッジとは、欠損歯を両側の歯を支えにして修復する治療方法です。虫歯の進行具合によっては被せ物やブリッジによる治療となります。セラミックを使用することで、金属や歯科用プラスチックでは得られない透明感のある白い歯の輝きを取り戻すことができますが、これは自費治療となります。
歯科治療器具
CAD/CAM冠=ハイブリッドレジン
保険診療でも白い歯にすることが可能です。平成26年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(中央から数えて4、5番目の歯)に、先進技術を用いた「CAD/CAM冠=ハイブリッドレジン」での治療が、保険適応となりました。材質は、「ハイブリッドレジン」で、従来の保険適応の素材(歯科用レジン)よりも丈夫な素材です。ただし、欠点として、自費診療の治療よりも、割れる・取れるなどの可能性があります。
オートクレープ
ハイブリッドセラミック
セラミックとプラスティックを混合した素材です。セラミックは割れやすい欠点がありますが、プラスティックを混ぜ合わせることで、美しさに耐久性を付加することができます。奥歯の詰め物に最適です。
歯医者 器具

メタルボンド
メタルボンドは、金属の表面をセラミックで覆った被せ物です。オールセラミックよりも耐久性に優れ、ブリッジの治療をする際の被せ物や歯周病でぐらつく歯を連結して固定する際に最適です。

ラミネートべニア
歯の表面を0.5~1mmほど薄く削り、1mmの厚さのセラミックの板を貼りつけます。前歯など人に見られることの多い部分に施す場合が多いです。歯を抜かずに治療ができるため、前歯の色が気になる方や、ホワイトニングの効果が思うように出ない方などにお勧めです。  

Posted by みなみなみ  at 16:44Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ