京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月24日

歯が痛くなった時、多くの方は「歯医者に行こう」と考えます

ですが、歯が痛くない時に、そう考える方はあまりおりません。なぜでしょうか?それは、多くの方が「歯医者は歯の病気を治すところ」と考えているからではないでしょうか。もちろん、「歯医者は歯の病気を治すところ」というのは間違いではありませんが、歯科医院の役割はそれだけではありません。

「歯の病気を予防する」こともまた、歯科医院の重要な役割の一つなのです。虫歯や歯周病は、症状が進行すると歯が抜け落ちてしまうこともある、恐ろしい病気です。そして、これらの病気は初期段階には自覚症状が現れにくいため、患者様ご自身が早期に気づくのは困難です。しかし、歯科医院の予防歯科で、3ヶ月に1回程度定期健診を受けられれば、こうした病気も早期発見・早期治療することが可能となります。
光照射器
「ご自宅でのケア」+「歯科医院での予防」が理想的です
歯磨きなど、毎日のご自宅でのケアは病気予防に効果的ですが、あわせて当院で予防歯科治療を受けられれば、さらに効果を高められるようになります。磨き方に癖があったり、合っていない歯ブラシを使ったりしていると、いくら磨いても磨き残しが生じる場合がありますし、ご自宅での歯磨きだけでは落としきれない汚れもあります。
オートクレープ
しかし、予防歯科を受けられれば、「ブラッシング指導」により正しい磨き方や歯ブラシの選び方などを身に付けて頂くことができますし、「PMTC(専用器具を使った歯のクリーニング)」により、ご自宅でのケアだけでは落とすことが難しい汚れを除去することも可能です。こうして「ご自宅でのケア」+「歯科医院での予防」という理想的な環境を整えることで、より効果的な病気予防に努めて頂ければと思います。

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」の略で、ご自宅のケアだけでは落としきれない歯垢や汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使ってきれいに除去します。
歯科材料

咬合ケア
歯並びや噛み合わせが悪いと、適切に歯磨きができない場合があるだけでなく、肩こりや頭痛など、不定愁訴の原因となる場合があります。お口の健康を通じて、全身の健康維持をはかって頂くために、当院では歯並びや噛み合わせについても詳しくチェックします。

生活習慣の指導
食事時間、睡眠時間、喫煙などの生活習慣が、歯の健康に対して悪影響をもたらす場合があります。問診時に患者様の生活習慣を詳しくおうかがいした上で、改善した方が良いと思われる点を歯科医師や歯科衛生士がご説明させて頂きます。  

Posted by みなみなみ  at 16:52Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ