京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月26日

歯周病治療をおこなうには、まず進行状態を正確に把握する調べる必要があります

レントゲン検査
歯周病が進行すると、顎の骨はどんどん溶かされていきます。レントゲンによって顎の骨の状態を確認し、進行状況を調べます。
光照射器
ポケット検査
歯周病が進行するにつれ、歯周ポケットは深さを増します。「ブローブ」という器具を使用して歯周ポケットの深さを測り、進行状況を調べます。

歯の動揺検査
歯周病が進行すると、歯はぐらつきを増します。歯をピンセットでつまんで動かし、歯がぐらつく程度を見て進行状況を確認します。
歯科材料

予防歯科
「歯医者とは、歯が痛くなってから行く場所」というイメージは、とて も根強いものです。しかし、虫歯になったら削り、また再発したら削り……ということをくり返していては、その歯を失うのを待っているのと同じこと。近年では歯科医院の役割が見直され、「痛くなる前に行く場所」という考えが浸透しつつあります。「なる前の診療」で虫歯や歯周病を予防すれば、大切な歯が守られ、また治療の痛みや費用の負担も抑えられます。ご自身のために、予防歯科に通う習慣を身につけましょう。
超音波スケーラー
予防歯科のメリット
ご自宅でのブラッシングだけでは落とし切れない汚れも専用の器具によって除去できるため、虫歯や歯周病の発症を防げる。

病気にかかりにくくなるため、治療時の痛みや治療費の出費などの負担を軽減できる。

もし虫歯や歯周病にかかっても、定期的に通院していれば早期発見・早期治療が可能になる。

自分に適したブラッシング方法など、より良いケア方法が身につく。

クリーニングによって軽度の着色汚れを除去できるため、白い歯を維持できる。

口腔内が常にきれいな状態に保たれ、口臭を予防できる。  

Posted by みなみなみ  at 16:47Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ