京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年07月31日

3カ月~半年に1度は歯科医院で定期健診を受けて、歯周病を予防しましょう

歯茎から出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の疑いがあります。国民のほとんどが罹患する可能性の高い、国民的文明疾患であり、生活習慣由来のものです。歯ブラシのみの予防法では、進行が止まらなくなりつつあります。理由を考え、対策を立てるのが一番です。
歯科 器材 通販
歯周病の大きな原因はプラークと呼ばれる歯垢です。歯垢はむし歯、歯周病の原因となる微生物のかたまりで、1mgあたりに約1億個の微生物が活動をしています。 歯垢が石灰化した歯石も歯周病の原因のひとつで、歯石はブラッシングだけで取り除くことはできません。 またタバコも歯周病の原因の一つです。タバコを吸うと血液の循環が悪くなり、歯茎の再生能力が弱くなるため歯周病が進行してしまいます。 歯周病は歯周ポケットと呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖していくともあり、なかなか自覚症状の出にくい病気です。

初期の症状としては、歯茎からの出血、および口臭です。定期的なチェックを受けていない限り、この時点で気付く人はほとんどいません。進行してくると、歯がグラグラする、それゆえに食べ物が詰まる、といった症状が現れ始めます。歯周病が進行すると、歯茎から膿が出始め、歯と歯茎の溝がさらに深くなります。こうなってくるとご自身で元に戻すのはほぼ不可能です。最終的には歯を支える骨が完全になくなってしまい、結果的に歯が抜け落ちてしまいます。
歯科材料

歯周病の主な原因はプラークですので、プラークを確実に取り除くこと(プラークコントロール)が大切です。プラークコントロールの基本は毎日の歯みがきです。まずは自分に合ったプラークコントロールを歯科医院で教わりましょう。また歯周病には生活習慣が関係しています。栄養バランスのとれた規則正しい食生活を心がけるとともに、体の免疫力を低下させないために禁煙やストレス解消も効果的です。3カ月~半年に1度は歯科医院で定期健診を受けて、歯周病を予防しましょう!
超音波スケーラー
歯周病はその進行の程度により、いくつかの治療が適応されます。基本的な治療として、正しい歯みがきの方法をマスターしてもらうとともに、歯石を取り除き、歯の根の表面を滑らかにしていきます。初期の歯周病ならばほぼ改善されます。それでも治りきらない進行した部位には、外科的にポケットの深さを減少させる手術を行う場合もあります。   

Posted by みなみなみ  at 16:33Comments(0)

2017年07月29日

歯周病は現在、日本人が歯を失う原因の第一位にあげられています

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。
歯科材料
歯を失う原因のほとんどが歯周病です
日本の成人の約8割が歯周病か、その予備軍であるといわれています。歯周病は、従来は高齢者の病気だと考えられていましたが、最近では10代や20代の若い方でも歯周病にかかる方がいらっしゃいます。
超音波スケーラー
歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどありません。したがって、「歯ぐきが腫れてきた」「歯ぐきから血が出る」「口臭が強くなった」といった症状がある場合、歯周病がかなり進行している可能性があります。

歯周病は、歯垢の中にすみついた歯周病菌が歯を支える歯ぐきを徐々に溶かしていく病気です。炎症が進むと顎の骨まで達して骨を溶かしてしまい、歯がグラつくようになります。さらに悪化すると、歯が抜け落ちてしまうことも。歯周病は現在、日本人が歯を失う原因の第一位にあげられています。
歯科材料

[STEP1]  初期検査
綿密な検査をし、歯周病の原因を調べます。レントゲン撮影や、歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

[STEP2]  初期治療
歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯ぐきの改善を目指します。最初は、患者さんや歯ぐきに出来るだけ負担のかからない方法を選択します。歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていないことが原因です。

[STEP3]   再評価
歯周病の治り具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

[STEP4]  外科治療(必要に応じて)
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。

[STEP5]  定期検査
全ての歯周治療が終了した後は、長期的な健康維持のために3-4ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので定期検診の度に、歯のみがき方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。  

Posted by みなみなみ  at 16:05Comments(0)

2017年07月27日

治療は早めが肝心であり、また悪くなる前からの予防も大切です

実に日本人の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」といわれており、「日本人が歯を失う原因」の第1位にも挙げられています。治療は早めが肝心であり、また悪くなる前からの予防も大切です。

歯肉炎
歯肉が炎症を起こして赤くなり、歯みがきをすると出血します。歯周ポケットの深さは2~3mm程度です。

初期の歯周病
炎症が進んで出血も増し、顎の骨や歯ぐきなどの歯周組織が破壊されはじめます。歯周ポケットは3~4mm程度と深くなります。
歯科治療器具
中期の歯周病
炎症がさらに進み、赤みや腫れ、さらに出血も増します。歯周組織の破壊が進んで歯周ポケットも4~5mm程度になり、ようやく自覚しはじめる段階です。
歯科用品

重度の歯周病
歯ぐきは赤くブヨブヨし、出血に加えて膿が出はじめ、口臭も現れます。歯ぐきが下がって歯が長くなったように見え、歯周組織の破壊も加速。歯周ポケットの深さは5mm以上にもなります。
パルスオキシメーター
末期の歯周病
歯ぐきは赤紫色に腫れ上がり、少しさわっただけで血や膿が出て、口臭も強くなります。歯周組織が大きく破壊され、歯はグラグラに。このままでは抜け落ちてしまいます。

予防歯科による歯周病の予防
予防歯科とは、むし歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、定期的に医師によるお口の中のチェックと適切なメンテナンスを行い、お口の健康を維持することを目的とした診療です。

日本では従来、「むし歯になってからの治療」が一般的とされてきましたが、歯科先進国である欧米では、「なる前の予防」が当たり前のこととして根づいています。実際にスウェーデンでは、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることで、「成人でも97.7%の確率で歯を守ることができる」というデータが出ているのです。歯科治療は、できれば受けたくないと誰もが思うもの。それを実現するのが「予防歯科」なのです。  

Posted by みなみなみ  at 17:10Comments(0)

2017年07月26日

歯周病治療をおこなうには、まず進行状態を正確に把握する調べる必要があります

レントゲン検査
歯周病が進行すると、顎の骨はどんどん溶かされていきます。レントゲンによって顎の骨の状態を確認し、進行状況を調べます。
光照射器
ポケット検査
歯周病が進行するにつれ、歯周ポケットは深さを増します。「ブローブ」という器具を使用して歯周ポケットの深さを測り、進行状況を調べます。

歯の動揺検査
歯周病が進行すると、歯はぐらつきを増します。歯をピンセットでつまんで動かし、歯がぐらつく程度を見て進行状況を確認します。
歯科材料

予防歯科
「歯医者とは、歯が痛くなってから行く場所」というイメージは、とて も根強いものです。しかし、虫歯になったら削り、また再発したら削り……ということをくり返していては、その歯を失うのを待っているのと同じこと。近年では歯科医院の役割が見直され、「痛くなる前に行く場所」という考えが浸透しつつあります。「なる前の診療」で虫歯や歯周病を予防すれば、大切な歯が守られ、また治療の痛みや費用の負担も抑えられます。ご自身のために、予防歯科に通う習慣を身につけましょう。
超音波スケーラー
予防歯科のメリット
ご自宅でのブラッシングだけでは落とし切れない汚れも専用の器具によって除去できるため、虫歯や歯周病の発症を防げる。

病気にかかりにくくなるため、治療時の痛みや治療費の出費などの負担を軽減できる。

もし虫歯や歯周病にかかっても、定期的に通院していれば早期発見・早期治療が可能になる。

自分に適したブラッシング方法など、より良いケア方法が身につく。

クリーニングによって軽度の着色汚れを除去できるため、白い歯を維持できる。

口腔内が常にきれいな状態に保たれ、口臭を予防できる。  

Posted by みなみなみ  at 16:47Comments(0)

2017年07月25日

では、歯周病はどのように予防すれば良いのでしょうか

歯周病は、歯を失う原因にもなる病気で、日本では約80%の人が罹患しているといわれる国民病です。歯周病は、痛み無く進行していきます。そのため、痛みなどの自覚症状が出た時には、すでに重度の歯周病にまで進行している事があります。自覚症状の無いうちから歯周病予防する事が、歯を守るために大切です。では、歯周病はどのように予防すれば良いのでしょうか。

1細菌が増殖します。歯と歯肉の境目に歯垢が多く付着していると、そこの歯肉が赤く腫れていきます。 歯肉が腫れると歯肉溝が深くなっていき、深いと細菌が喜んで溝の中で増殖します。この深くなった歯肉溝を歯周ポケットと呼びます。
ハンドピース
2歯肉は更に腫れ、炎症により歯槽骨が少し溶け始めました。歯周ポケットの溝の最下点は歯槽骨の位置に常にありますので、歯槽骨が下がってくると、結果的に歯周ポケットが深くなります。深くなると更に細菌増殖し、炎症により組織液がジワジワ歯周ポケットの中からでてきて、その成分が歯石となります。歯石には細菌ついていきます。

3歯周ポケットが3mm以内で、歯槽骨の破壊が起こっていない状態です。歯茎が赤っぽく炎症を起こし、細菌の進入は歯肉部で止まっています。歯肉炎では、歯垢(プラーク)や少量の歯石がたまり歯茎に炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。この状態が進むと、中程度歯周病になります。自覚症状として、硬いものが、噛みづらくなったり、歯磨きの時に出血したり、起床時に、口の中がネバついたりします。
歯科材料

4歯周ポケットが4mm〜7mmで、骨の破壊(歯の根を支えている骨が溶けている)が起こっている状態で、歯茎が赤っぽく炎症を起こし後退しています。また細菌の歯周組織への進入が進み、骨が溶けています。こうなってくるとどんどん歯槽骨が溶けていきます。悪循環の始まりです。知覚過敏といわれる状態になり特に、冷たいものがしみるようになります。食物がつまりやすくなり、歯磨きが難しくなります。
オートクレープ
5歯周ポケットが6mm〜8mm以上で、歯槽骨の破壊がかなり進んでいる状態です。重度歯周病では、歯や根っこには多量の歯垢や歯石が付着し、歯周組織の破壊が相当進んでいます。また、支えを失った歯は、前後左右に揺れるばかりではなく、上下にも揺れます。
自覚症状として、歯肉溝から膿がでたり、歯肉が腫れたり、味覚にも影響を及ぼします。また、噛むと痛くて物が噛めないようになってしまいます。

6ずかな時間で抜けてしまいます。歯槽骨もほとんどなくなり、ブリッジや入れ歯を入れてもなかなか合わず、インプラントもそのままではできなってしまう可能性もあります。  

Posted by みなみなみ  at 16:42Comments(0)

2017年07月24日

歯が痛くなった時、多くの方は「歯医者に行こう」と考えます

ですが、歯が痛くない時に、そう考える方はあまりおりません。なぜでしょうか?それは、多くの方が「歯医者は歯の病気を治すところ」と考えているからではないでしょうか。もちろん、「歯医者は歯の病気を治すところ」というのは間違いではありませんが、歯科医院の役割はそれだけではありません。

「歯の病気を予防する」こともまた、歯科医院の重要な役割の一つなのです。虫歯や歯周病は、症状が進行すると歯が抜け落ちてしまうこともある、恐ろしい病気です。そして、これらの病気は初期段階には自覚症状が現れにくいため、患者様ご自身が早期に気づくのは困難です。しかし、歯科医院の予防歯科で、3ヶ月に1回程度定期健診を受けられれば、こうした病気も早期発見・早期治療することが可能となります。
光照射器
「ご自宅でのケア」+「歯科医院での予防」が理想的です
歯磨きなど、毎日のご自宅でのケアは病気予防に効果的ですが、あわせて当院で予防歯科治療を受けられれば、さらに効果を高められるようになります。磨き方に癖があったり、合っていない歯ブラシを使ったりしていると、いくら磨いても磨き残しが生じる場合がありますし、ご自宅での歯磨きだけでは落としきれない汚れもあります。
オートクレープ
しかし、予防歯科を受けられれば、「ブラッシング指導」により正しい磨き方や歯ブラシの選び方などを身に付けて頂くことができますし、「PMTC(専用器具を使った歯のクリーニング)」により、ご自宅でのケアだけでは落とすことが難しい汚れを除去することも可能です。こうして「ご自宅でのケア」+「歯科医院での予防」という理想的な環境を整えることで、より効果的な病気予防に努めて頂ければと思います。

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」の略で、ご自宅のケアだけでは落としきれない歯垢や汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使ってきれいに除去します。
歯科材料

咬合ケア
歯並びや噛み合わせが悪いと、適切に歯磨きができない場合があるだけでなく、肩こりや頭痛など、不定愁訴の原因となる場合があります。お口の健康を通じて、全身の健康維持をはかって頂くために、当院では歯並びや噛み合わせについても詳しくチェックします。

生活習慣の指導
食事時間、睡眠時間、喫煙などの生活習慣が、歯の健康に対して悪影響をもたらす場合があります。問診時に患者様の生活習慣を詳しくおうかがいした上で、改善した方が良いと思われる点を歯科医師や歯科衛生士がご説明させて頂きます。  

Posted by みなみなみ  at 16:52Comments(0)

2017年07月21日

自分の歯の状態をチェックし、正しいセルフケア方法を一緒に考えていきましょう

また歯だけでなく、血管に入り込んだ細菌が血液と共に全身へ運ばれ、心内膜炎など全身疾患のリスクになり、糖尿病の増悪にもつながります。歯だけでなく体の健康のためにも歯周病を知り、歯周病になってしまう前にきちんとしたプラークコントロール(歯周病予防)と定期的な健診が大切です。一度歯周病健診をして、自分の歯の状態をチェックし、正しいセルフケア方法を一緒に考えていきましょう。
歯科医療機器
歯周炎の歯肉
歯肉が炎症を起こすと、赤くつやがあることもあり、磨くと出血しやすく、触れると痛むことがあります。炎症は歯肉に限局して仮性ポケットが出現します。(アタッチメントロスなし)レントゲン像では異常ありません。(骨の吸収なし)

軽度歯周炎の歯肉
歯肉の炎症が進行してくると、発赤、腫脹が著しく磨くと出血します。歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され骨の吸収も始まります。
レントゲン像ではわずかに骨の吸収がみられるようになります。

重度歯周炎の歯肉
歯周病がさらに進むと、歯の支えの多くを失い、骨吸収が歯根長の1/2以上になると歯はぐらつきはじめ、膿が出始めてくると口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまいます。
レントゲン像では明らかな骨の吸収が見られます。
歯科材料 通販

歯周病治療は、1本1本の歯ごとに異なる進行状況に合わせ、適切な方法をとることが大切です。そこで当院では次の検査を行っています。
マイクロモーター
ポケット検査
歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを調べます。深ければ深いほど、進行していることがわかります。

歯の揺度検査
歯を1本1本つまんで動かし、揺れる度合いを調べます。悪化すると、顎の骨の中の歯根膜(歯の根元の組織)と歯の結合が緩むため、揺れが大きくなります。

レントゲン検査
の骨の溶解度を、レントゲン撮影によって確認します。骨が薄く写っている部分ほど、進行していることがわかります。  

Posted by みなみなみ  at 17:02Comments(0)

2017年07月21日

歯周病治療の重要性が再認識されています

歯周病は細菌が引き起こす口腔内疾患で、日本人成人の80%がこの病気に感染しているといわれております。お口の環境は年齢とともに変化していき、誰でも歯周病になる可能性が潜んでいます。歯の先進国・スウェーデンでも、かつて深刻な歯周病問題に直面し、国をあげて歯周病対策に取り組んできました。その結果、国民の歯周病罹患率が20%にまで減少し、大きな成果をあげています。
ハンドピース
歯周病と全身疾患の関係
歯周病と全身疾患は互いに影響を与えていることが、医療関係者の間で指摘されています。歯周病にかかると細菌が唾液とともに体内に入って血液と一緒に全身に巡ります。心臓病や糖尿病を引き起こす可能性が高いといわれ、歯周病治療の重要性が再認識されています。
糖尿病
糖尿病になると血糖値のコントロールが上手くできなくなります。そのため歯周病に感染すると症状が悪化しやすくなります。その逆に、歯周病から糖尿病を誘発する場合もあるといわれています。
マイクロモーター
低体重児出産・早産
妊娠中はホルモンバランスが崩れて、歯周病になりやすくなります。感染すると胎児の成長にも悪い影響を与え、早産・低体重児出産のリスクが高くなるといわれています。

心臓病
歯周病が進行して重度になると血液中に細菌が入り込んで、血管内で血栓ができやすくなります。それによって動脈硬化が進んで、心筋梗塞や狭心症等を誘発するといわれています。
歯科器具

肺炎
血液の中に入り込んだ歯周病菌が肺に感染すると、肺炎になるリスクが高くなります。また細菌を含んだ唾液が気道内に入り、肺に感染する誤嚥性肺炎もあります。

歯周病は、今まで徐々に進行するといわれていました。最近では、急に悪くなる時期(勃発期)と静止期を繰り返しながら進行していくことがわかっています。そこで勃発期に感じる変化に十分注意し、早めに歯科医に相談し、治療を受けることが大切です。

歯周病の直接の原因はプラークがたまることからはじまります。プラークは食べ物のなかの糖分と誰の口の中にもある細菌によってでき、プラークの90% 近くが細菌です。また歯周病が進行してできる歯周ポケットの内側には、1mg(湿重量)あたり400種、1億個以上の細菌がいて体との間で、免疫応答といわれる戦いが繰り広げられます。抵抗力が弱まれば、全身にいろいろな症状があらわれてきます。ですから歯周病を予防し、進行を防ぐには、まずプラークをためず、歯周病を進行させないことが大切です。また生活習慣を改めることも、大きなポイントになります。  

Posted by みなみなみ  at 17:01Comments(0)

2017年07月20日

白く輝く歯は、笑顔に自信が持てるようになり、明るい気持ちにもつながります

審美歯科は一般歯科と異なり、歯の機能の回復と口元の美しさの両立を目指す診療メニューです。セラミック製の白い詰めものや被せものを使った虫歯治療はもちろん、すでにお使いの銀歯を白い歯に取りかえることもできます。白く輝く歯は、笑顔に自信が持てるようになり、明るい気持ちにもつながります。
歯科治療器具
セラミック治療とは虫歯や歯周病など、何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、欠損部分を補う素材を『セラミック』で行う治療の事を指します。セラミックは親和性が高く、強度が有り、審美性も損なわれない事から、審美目的での治療としても広く浸透しています。

① 過去の治療物(金属や変色したレジン)を白くしたい
自然な笑顔は相手に好印象を与えます。口を開けた時に銀歯や変色した歯が見えて気になる方は、白く自然で強度のあるセラミックによる被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)に交換できます。

② 短期間の治療で歯並びを改善したい
セラミックを使っての歯並び改善治療も可能です。被せ物を作ったり、歯の隙間をセラミックで埋めたりしますので、希望の形や色にする事ができ、短期間で歯並びを改善できます。

③ 半永久的に白い歯を手に入れたい
セラミックは審美性に優れ、半永久的に変色せず、強度の強い素材ですので、これを活用し半永久的な白い歯を手に入れる事ができます。人前に出る職業の方には大変お勧めの治療です。
超音波スケーラー
④ メタルフリーの治療を受けたい
セラミックは金属を一切使用しない素材なので、金属アレルギーの恐れがある方でも安心して治療を受けていただけます。人体への馴染み(親和性)も高く、安心・安全な素材です。

歯科器具

人気急増中!ホワイトニング
ホワイトニングとは、削ることなく、専用の薬剤で歯を漂白する方法です。歯は加齢や遺伝、毎日の生活の中で色素や汚れは付着し、徐々に黄ばんでいくものです。ホワイトニングはそのような黄ばみを解消するため、口もとの美しさを大切にするアメリカで誕生しました。ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で処置していただく「ホームホワイトニング」の2種類があります。  

Posted by みなみなみ  at 17:31Comments(0)

2017年07月19日

健康な歯と同じような自然な色と輝きが得られます

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。

セラミックス・ラミネート(ラミネートべニア法)
ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックスを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。
薄く削るだけなので歯へのダメージも最小限であり、天然歯に近いごく自然な仕上がりです。
ハイブリッドクラウン(ジルコニア)
セラミックスとプラスチック(レジン)を混合した素材で、審美性と強度のバランスの良い素材です。天然歯に近い色の詰め物ですので、金属の詰め物のように口の中で目立ちません。健康な歯と同じような自然な色と輝きが得られます。
歯科用材料
メタルボンド
全てセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

オールセラミック
従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。
歯科材料

オールセラミックのメリット
補綴物の中で最も自分の歯のような透明感・艶がある
金属を使わないため、歯茎が黒ずむ不安がない
歯垢や食べ物の色素が付きにくい
金属アレルギーの心配がない
口腔内カメラ
デメリット
金属を使用している補綴物よりも衝撃に弱い
保険適用外のため負担額が大きい  

Posted by みなみなみ  at 17:33Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ