京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月16日

免疫力の低下につながり、歯周病菌がお口の中で繁殖します

歯周病は、生活習慣病の一つであり、「国民病」「国民の8割が歯周病」などとも言われ、誰もが注意しなければならない病気となっています。歯周病というと、中年者や高齢者に多いというイメージをお持ちの方も多いかと思います。しかし、近年は10代の半数に歯周病の初期症状がみられ、30代前後では8割の人が歯周病を発症しているのが実状です。
歯周病は初期の段階では痛くもかゆくもありませんから、歯周病が発症していることに気付かないまま、進行させてしまう人も少なくないのです。歯周病は、進行すると歯の脱落を招く恐ろしい病気です。病気や予防、治療法について知り、早めの対策を心がけることが大切です。

歯周病は進行するにつれ、歯周組織を破壊していきます。歯周組織とは、歯肉・セメント質・歯槽骨などを言い、歯周病は歯肉や歯肉の奥へと進行し、これらの歯を支える組織を壊していくのです。歯周病の原因となる細菌は、嫌気性(酸素を嫌う性質)の細菌なので、酸素が少ない歯周ポケットは、細菌が増殖する絶好の場となってしまいます。歯周ポケットが深くなると、歯ブラシは届きませんから、細菌はどんどん増え、奥深くと進行していってしまうのです。
パルスオキシメーター
喫煙・不規則な生活習慣
喫煙や睡眠不足、不規則な生活サイクルではストレスや疲労が解消されず、免疫力の低下につながり、歯周病菌がお口の中で繁殖します。

歯ぎしり・強い咬み締めのクセがある
歯に強い負荷をかけるこれらのクセがあると、歯の根や顎の骨へのダメージが強く、歯周病が進行しやすくなります。

お口のケアが十分でない
歯周病菌が生息するプラークがお口の中に溜まると、歯周病も進行しやすくなります。歯みがきだけでなくフロス、歯間ブラシなどデンタルケアの工夫が必要です。
歯科材料

よく咬まない食事・間食が多い
よく咬まないと洗浄効果がある唾液が分泌されません。そのため、細菌が繁殖しやすくなります。また、間食が多くお口の中に常に食べかすがあると、歯周病菌の栄養源になります。
マイクロスコープ 歯科
プラークコントロール
プラークコントロールとは、プラークをつきにくくしたり、除去したりして、口の中のプラークを減らすことを言います。プラークは歯周病・虫歯などの病気の原因になるだけでなく、口臭の原因にもなるため、プラークコントロールは口の中の健康維持において欠かせないものです。反対に、プラークコントロールがしっかりできていれば、歯周病などの病気を予防でき、痛い思いをすることもありませんし、治療を受ける必要もありません
  

Posted by みなみなみ  at 17:40Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ