京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月21日

ここで定期検診などで聞かれるC1やC2などの言葉をひとつひとつ説明していきます

虫歯とは口の中にいる細菌(ミュータンス菌)が産生する酸によって歯が溶かされ、穴が開いた状態「う蝕」またはそのような状態になっている個々の歯を指して「虫歯」と呼んでいます。歯周病と同じように感染症として位置付けられており、初期の段階では自覚症状がないため自分では気付かないことが多いのが特徴です。ここで定期検診などで聞かれるC1やC2などの言葉をひとつひとつ説明していきます。
歯科材料 通販
【C1】浅い虫歯
ほとんど自覚症状がありません。 この程度の時に治療をすれば痛みもなく一回の治療で終わります。
マイクロスコープ 歯科
【C2】深い虫歯
しみるようになります。 この時点で治療すれば神経をとらずに済みます。 早く治療しましょう。

【C3】神経まで感染している/以前神経をとっている歯の虫歯
激しく痛むことがあります。 神経をとらなくてはいけません。 治療回数も5~6回かかります。 最終的に冠をかぶせる事になる事が多いです。

【C4】保存不可能な虫歯
根だけが残り、根の先に膿ができます。 顎まで腫れることがあります。 神経の治療が出来ない場合は、 抜歯しなければなりません。
歯医者 器具

予防のために歯科医院に通うというのは、日本ではあまり聞かない習慣ですが、歯科医療が進んでいる北欧では、ごく当たり前の習慣です。なぜなら、予防・メンテナンスは歯科医療において、とても重要だからです。日々のご自宅での歯磨きも大切ですが、どれだけきれいに磨いても、歯ブラシの届かないところがあり、磨き残しが出てしまいます。その磨き残しをなくすため、歯科医院でプロのクリーニングをすることが必要になります。虫歯や歯周病なども定期的な検診で未然に防ぐことが出来ます。

クリーニング
虫歯や歯周病の原因となるのはプラークなどの細菌の集合体、「バイオフィルム」です。このバイオフィルムはご自宅での歯磨きでは、なかなか取り除くことができません。バイオフィルムを効率よく効果的に取り除くには、プロの手によるクリーニングが必要です。プロのクリーニングで歯を清潔な状態にすることが、虫歯や歯周病などの予防においてはとても大切です。

定期健診
虫歯や歯周病の治療後も放置していると再発してしまう事があります。そういった事態を防ぐために3カ月に一度、6カ月に一度などの検診を定期的に行いましょう。定期的な検診で歯の健康を守り、予防や早期発見・早期治療を心掛けましょう。  

Posted by みなみなみ  at 16:11Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ