京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月22日

歯周病の予防や治療には、日々のプラークコントロールが重要です

歯周病は、日本人の成人の80%が感染しているという報告もあります。歯周病の主な原因は、お口の中にいる細菌で、うがいだけでは除去する事が出来ません。また、きちんとブラッシングが出来ていないと、歯垢や歯石が溜まり、その中にいる細菌が繁殖して歯肉に炎症をおこし、進行が進むと歯を支えている骨まで溶かしてしまい、放っておくと歯が抜けてしまう怖い病気です。

しかも、痛みがないので、初期段階であれば、自覚症状が殆どありません。「歯肉が腫れている」、「歯ぐきから出血する」というような自覚症状が出た時には、歯周病が既に進行しているケースが少なくありませんので、「自分は大丈夫」と考えず、歯周病検査を定期的に受ける事が大切です。
歯科材料
歯周病の進行
歯肉炎
歯茎が炎症を起こしている状態です。 歯と歯の間の歯肉が腫れてぷよぷよとした感じになります。 口臭や出血、少し歯がグラグラすることもあります。
マイクロスコープ 歯科
歯周炎
歯肉炎が進んだ状態で、細菌の増殖により、歯周ポケットという溝が深くなります。 溝が深くなると、手入れも不十分になり、歯垢や歯石が更にたまり、口内環境は更に悪くなります。 歯周組織が破壊され、歯の根っこを支える歯槽骨が溶け出し、歯は次第にグラグラと大きく動くようになります。 最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周病はプラーク(歯垢)や歯石が原因で起こります。しっかりと取り除くことで歯周病を治療していきます。主に、下記のような治療を行うと、中度歯周病の方は、治癒させる事が可能です。
歯科 通販

ブラッシング指導
歯周病の予防や治療には、日々のプラークコントロールが重要です。しっかりと磨いているつもりでも、磨き残しや、磨き癖があり、正しくブラッシングが出来ていない場合もあります。患者さん、お一人お一人に合せたブラッシング方法をご案内いたします。

歯のクリーニング(PMTC)
歯ブラシでは取り除く事ができない汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使い、隅々まで汚れを取り除き、歯周病の細菌の繁殖を防ぎます。

スケーリング&ルート・プレーニング
超音波スケーラーや、手用スケーラーなどの器具を使用して、歯周ポケットの中から、汚れや歯垢、歯石を取り除きます。歯周ポケットの中を綺麗にすることで、歯周病菌の繁殖をおさえ歯周病の予防と、進行抑制を図ります。
  

Posted by みなみなみ  at 16:30Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ