京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年08月31日

歯周病の初期には全く症状がでないため、見過ごしてしまうことが多い

歯周病は歯のまわりの歯周組織に発生する疾患の総称です。その多くは歯と歯肉の間に溜まった歯垢(プラーク)が原因で、歯周組織に炎症をもたらします。歯周病は慢性的に進行することが多く、放置すると歯を支える歯周組織が徐々に破壊され、最後は咬む力に耐えられなくなり歯が脱落していく恐ろしい病気です。歯周病の初期には全く症状がでないため、見過ごしてしまうことが多いのも歯周病の怖いところです。

軽度の歯周病の場合
歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。また抗生物質等の薬を投与することもあります。
歯科医療機器
中程度の歯周病の場合
歯石を取り除き、歯を一時的に固定してブラッシング、薬の投与で治すようにします。最初に悪くなった歯肉を切り取ってしまうこともあります。ただし、炎症がおさまっても、このころは歯を支えている歯槽骨というところが溶けだしていますので、ぐらつきが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最終的な支えを取り付けて固定します。

重度の歯周病の場合
歯石の除去やブラッシング等によっても改善されない重度の場合は外科的処置が必要となります。
オートクレープ
詰め物や被せ物の修正治療
詰め物や被せ物の不適合があると、歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯磨きで除去する事が難しくなるため、詰め物や被せ物が合っているかを確認し、合っていなければ修正する治療が行われます。詰め物や被せ物が適合するようになるだけで、歯垢(プラーク)が付着しづらくなり、また付着した歯垢(プラーク)を取り除きやすくなるため、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。

生活習慣の改善
病気、睡眠不足、ストレスを感じているときなど抵抗力が落ちているときは歯周病菌に感染しやすくなります。十分な睡眠、適度な運動、ストレス解消は歯周病を治療していくうえでも欠かせません。また、歯周病と関係の深い糖尿病にならないような食事、よく噛んで食べるなど食生活を見直す事も必要です。

治療後の定期検診
歯周病の治療が終われば、それで後は何もしなくても良いというわけではありません。一度歯周病になってしまった場合には、再度歯周病になってしまう可能性が高くなります。そのため、再発を防ぐために歯周病の治療後の定期的なメインテナンスが重要になります。  

Posted by みなみなみ  at 16:46Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ