京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年09月19日

歯周病(歯槽膿漏)は自覚がないまま進行するため、“沈黙の病”と呼ばれます

歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称で、歯肉に炎症ができ、状態が進行すると膿が出たり、口臭が酷くなり、最悪の場合は、歯が抜け落ちる感染症です。 初期段階では自覚症状がほとんどないことが特徴です。そのため早期発見・早期治療が大切です。

歯周病(歯槽膿漏)は自覚がないまま進行するため、“沈黙の病”と呼ばれます。歯肉の腫れやブラッシング時の出血などの初期症状に気付きにくいため、痛みや歯のぐらつきなどの自覚症状が現れたときには歯周組織の破壊がかなり進んでしまっていることがあります。

歯周病(歯槽膿漏)は治療を行わない限り症状が改善することがなく、放っておくと進行を続けて最後には歯が抜けてしまいますが、治療の開始が早ければ早いほど簡単な治療で改善することができます。また、早いうちから定期的な検査やメンテナンスを受ける習慣をつけておけば、予防することが可能です。歯がうずく、歯肉が重い感じがするなどの違和感を感じられたり、ご不安な症状がある方は、ぜひご相談にお越しください。
スリーウェイシリンジ
歯周病の診査方法
以下の点をしっかりとチェックしています。
 
・歯周ポケットの深さ
・歯茎からの出血
・歯がグラグラしているか
・歯茎が痩せているか
・骨の状態(レントゲン、CT)
・磨き残し(染め出し)
・噛み合わせ

どれくらい歯周病が進行しているかに関わらず、まずはお口のプラークや歯石を除去すること、そして歯の根っこ部分まできれいにお掃除するルートプレーニングが基本的な治療となります。これらを継続することで歯周病の改善が見られる場合は、定期検診とメンテナンスを続けていくことになりますが、改善しない場合は歯茎を開いて歯の根っこに付着した歯石を取り除く歯周外科手術が必要となります。
超音波スケーラー
歯周外科手術
歯槽骨の破壊が極めて大きく、歯周ポケットが深い場合、スケーリング、ルートプレーニングだけでは歯石を完全に取り除く事は難しく、歯周ポケットの深さが改善されません。
このような場合には歯周外科手術
を行います。  

Posted by みなみなみ  at 17:16Comments(0)

2017年09月19日

できるだけ「削らない」「抜かない」治療

虫歯は自然に治ることはなく、一度虫歯になってしまうとどんどん進行していきます。破壊されてしまった歯は、二度と元には戻りません。虫歯の治療は、状態に適した治療や優れた修復物により虫歯になる前の状態に近づけることができます。状態が悪化する前に、ぜひご相談ください。

【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
エアスケーラー
【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。
歯科用マイクロスコープ
できるだけ「削らない」「抜かない」治療
歯科では、患者様の健康的な歯を大切にし、ダメージを最小限に抑えた「削らない」「抜かない」治療を心掛けております。一度虫歯になってしまった歯でも、きちんと治療をして、虫歯予防をしっかり行えば長く自分自身の歯と付き合って行くことが可能なのです。  

Posted by みなみなみ  at 16:25Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ