京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月11日

各種類の矯正治療のメリット

舌側矯正とは歯の裏側に矯正装置を装着する方法で、他の人に気づかれないで治療ができますので「歯並びは治したいけれど、矯正装置が気になる」「職業的に表側の矯正装置はつけられない」などと躊躇されている方におすすめです。治療期間も表側の矯正とあまり変わらず、装置も小さくなり、装着後の違和感、発音のしづらさも非常に軽減されました。
治療中のむし歯に関しても、歯の裏側の装置なので、歯の表面のエナメル質をまったく傷つけることなく、矯正中に歯の表面のむし歯の心配もありません。
家庭用超音波スケーラー
メリット
1.他人の視線を気にしないで矯正治療ができます。
2.矯正中の虫歯トラブルになりにくい。
3.前歯が引っ込みやすくなります。
4.舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減ります。

ワイヤー矯正とは、歯の表面に『ブラケット』と呼ばれる装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていくもっとも一般的な歯列矯正治療法です。今までは金属製のブラケットを歯に装着することから、審美面を気にする患者さんなどを中心に敬遠されがちでしたが、最近では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科治療を選択することも可能となりました。

メリット
1.最もよく行われていた矯正法なので、十分な実績があります。
2.基本的に全ての不正咬合に対応可能です。
生体情報モニター
マウスピース矯正とは、透明なマウスピースのような装置をはめて歯を動かしていく矯正治療です。マルチブラケットのように針金やブラケットは使いません。
 
マウスピース矯正には多くのメリットがあります。
マウスピース矯正のメリット
透明で目立ちにくい
食事の時などは取り外せる
歯を抜かずに済む
違和感が少ない  

Posted by みなみなみ  at 17:01Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ