京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月12日

歯と歯ぐきの間にあるプラークに棲む細菌(歯周病菌)によって引き起こされる病気が「歯周病」です

細菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯の根の部分から歯周組織に入りこんで歯の土台となる顎の骨を少しずつ破壊していきます。

初期段階では痛みがほとんどないため、日本人成人の約80%の方が知らず知らずのうちに歯周病にかかっている、もしくはその予備軍といわれています。「ブラッシング時に歯ぐきから血が出てくる」という症状は、歯周病が進行しているサインです。放っておくと顎の骨が歯を支えられなくなり抜け落ちてしまう場合もあるので、早めの治療が必要です。

歯周病は、25歳以上の方の約半数がかかっているといわれています。病状の差はありますが、成人以上であれば、約80%以上の方が歯周病にかかっているか、その予備軍である可能性があるといわれています。
パルスオキシメーター

このような歯周病を予防する方法としては、毎日の適切なブラッシングだけでなく、定期的な来院で専門の機器を用いたクリーニングが最も効果的です。
PMTC
このプラークを取り除くためには定期的なプロフェッショナルなケアが最も効果的です。それをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaningの略)と言い、歯科医師または衛生士によるプロの歯のクリーニングを意味します。

正しいブラッシング
歯並びは一人一人全く異なりますので、患者様に合ったブラッシングの方法と歯ブラシの種類を詳しくご説明いたします。

レーザー治療
レーザーの照射により歯周病を治療することができます。この治療方法の特徴としては痛みが少なく済むことだけでなく、止血効果もあり歯周病の治療には効果的です。
虫歯治療の際にも、歯を強くする効果があるため広い範囲で使用されています。
エアーモーター

歯周病の治療を成功させるためには病院サイドでは歯周病の原因である細菌の巣(歯垢、歯石)を徹底的に除去し歯周病の進行を防ぎ、患者さんサイドでは日頃、口腔内を清潔に保ってもらうために適切なブラッシングをしてもらうという風に病院と患者さんが二人三脚で治療に取り組まなければ成功しません。自分に合ったかかりつけの歯科医院をみつけ長く付き合っていく事が成功の秘訣です。  

Posted by みなみなみ  at 16:31Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ