京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月23日

歯周病はその進行状態によって「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。

日本人成人の約80%以上が歯周病と言われています。国民病ともいえる歯周病ですが、この病気についてあまり詳しくないかたも多く、「一生治らない病気」と思われているようです。でもご安心ください。

いまは歯科医療が発達し、早期発見・治療により、ほとんどの歯周病は完治します。さらに歯周外科や再生療法など高度な歯周病治療を行えば、重度の歯周病でも進行を食い止めることができるのです。
歯の模型
歯周病はその進行状態によって「歯肉炎」と「歯周炎」に分けられます。
歯周病は、歯を支える歯肉と顎の骨に起きる炎症のことで、歯垢(プラーク)に含まれる細菌(歯周病菌)に感染することによっておきる病気です。その進行状態によって「歯肉炎」と「歯周炎」に分けることができます。歯周病は「歯肉炎」→「歯周炎」へと症状が進行していきます。また、「歯周炎」は軽度・中等度・重度と分けられます。初期の段階では自覚症状が殆ど出ないことも多く見受けられます。

 歯垢は細菌の塊で「プラーク」とも呼ばれます。歯の表面や歯と歯ぐきの間にたまる白くネバネバした物質のことです。歯石は、ブラッシングにより除去しきれなかった歯垢が石灰化してかたくなった物質のことです。歯石になってしまうとブラッシングでは除去できません。

一般にはそう思われていますが実状では30代前後で80%の方が発症しており、初期症状においては10代の若年齢層からにおいても50%もの方にも見受けられます。若い頃から歯周病予防を行いましょう。
歯科用マイクロスコープ
歯周病は他の病気とも密接に関係しており、免疫力の低下で"糖尿病"や血液中に菌が入り込み"心臓疾患"になりうる恐れがあります。歯周病は歯だけの病気だと思わず全身の病気として手遅れになる前の治療を心がけてください。

 歯周病にならないためには、毎日のブラッシングによるセルフケアと並行して、定期的に歯科医院でのクリーニングも受けましょう。歯垢は丁寧なブラッシングにより除去が可能ですが、歯石になってしまうとセルフケアでは除去できません。また、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに入り込んでしまった歯垢もブラッシングだけでは取りづらいでしょう。歯周病にならないためには、セルフケアによるブラッシングとプロの手によるクリーニングを並行して行う必要があるのです。なお、歯周病菌が繁殖しづらい食生活に改善することも歯周病の予防につながります。  

Posted by みなみなみ  at 16:07Comments(0)

< 2017年10>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ