京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年11月01日

昔より歯が長くなったように見える。

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯と歯肉を支える顎の骨の病気です。歯肉の炎症や出血が歯周病菌により引き起こされ、顎の骨を破壊して溶かしていきます。歯磨きの際に歯肉から血が出る、口臭がキツイ、起床時の口の中の粘つき、歯に食べ物が挟まる、歯がグラグラするのも、歯周病(歯槽膿漏)が原因と考えられ、これらの症状が出たら要注意です。歯周病(歯槽膿漏)の原因の多くは、細菌によるものですが、喫煙などの生活習慣や自身の免疫力にも影響を受けます。
歯の模型
歯周病セルフチェック
下記のような症状が一つでもありましたら、すぐに歯科医院に来院してください。
ハミガキすると歯茎から出血する。
歯肉が赤く腫れている。
歯茎から膿が出る。
食べ物が歯の間にはさまりやすくなった。
昔より歯が長くなったように見える。
朝起きた時、口の中がネバネバする。
歯がグラグラする。
歯が浮いた感じになる。
口臭があるとよく言われる。

プラークコントロールでお口の中の環境を整えるには、歯科での専門家による清掃と共にご家庭での正しい歯磨きが効果的です。
家庭用超音波スケーラー
スケーリング&ルートプレーニング
歯や歯の根っこに付着した歯石の除去をスケーリングといいます。歯周病を歯石自体が起こす事はないですが、歯石が歯周病菌の住処となる為、歯石の除去は必要となります。
専門家の手によるスケーリングがプラークコントロールの第1段階となります。超音波スケーラー、ハンドケーラーを使用して、プラークや歯石を目に見える範囲で除去します。
術後、歯石が取れて良くなった証拠としては歯と歯の間に隙間が出来たり、歯が長くなったように感じる事です。次に歯茎の部分に隠れている歯石を特殊な器具などでキレイに除去し、歯と歯の根の表面をツルツルにするルートプレーニングを行います。  

Posted by みなみなみ  at 16:39Comments(0)

2017年11月01日

歯周病は自覚症状がないため、歯の生活習慣病といえます

歯周病とはどういった病気か、歯周病になる原因や、歯周病がなぜ体の病気と関連しているのか、詳しくは歯周病と全身の健康でご説明いたします。歯周病を防ぐ最も良い方法は、6ヶ月に1度(健康な方)、定期検査を受けることと、普段の生活で歯周病になりやすくする原因を少なくすることですが、歯周病にかかってしまったら早めに適切な歯周病治療を行うことが大切です。

歯周病は自覚症状がないため、歯の生活習慣病といえます。体の生活習慣病と同様に、定期健診でしか気づかないことが多いため、お口のメンテナンスと合わせて定期健診を行うことをおすすめいたします。
パルスオキシメーター
歯周病の症状
歯茎が赤く腫れて、プヨプヨしているようなら、歯周病の初期症状が出ています。
ご自身で適切な歯磨きを行うことで改善する場合もありますが、すぐに再発しますので、歯科医院での検査をお勧めいたします。

歯磨きの際や硬い物を食べたときに、歯茎から出血があります。歯ブラシや歯茎に血がついていたら要注意です。歯周病になると、歯と歯茎の隙間が深くなり歯周ポケットができます。そのポケットの中で炎症が起こり、刺激することで出血してしまいます。こうなると、既に歯周病は進行していますので、すぐに治療を行いましょう。

歯周病菌が唾液に含まれると、唾液がネバネバして不快感が出てきます。粘つく唾液でいることで歯に歯垢が付きくやす、より虫歯や歯周病になりやすくなります。デンタルリンスなどを使用しても改善しないようであれば、歯周病を疑いましょう。

口臭の原因の8~9割は、口腔内にあると言われています。歯周ポケット内で歯周病菌が繁殖し、膿が出ることで強い口臭となります。本人は口臭に慣れてしまいますから、自分では全く気づきません。そして、デリケートなことですから家族でも指摘しにくく、知らぬ間に歯周病が進行してしまう恐れがあります。

プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。
マイクロスコープ 歯科
スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。  

Posted by みなみなみ  at 15:45Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ