京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月01日

歯磨きで出血することがある

歯と歯肉(歯ぐき)の境目に付いた歯垢から、歯の根っこにそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている歯肉(歯ぐき)と骨を溶かし、最終的には歯を失ってしまいます。この怖い歯周病は、歯を失う最大の原因であり、統計によると35歳で80%以上の人が歯周病になっているとのことです。

ほとんどの方は、自分が歯周病であると自覚しておらず、歯ぐきから出血するという症状が出てから歯科医院に診察を受けに行きます。しかし、すでにこの様な症状が出ているときはかなり悪化した状態なのです。歯周病に気付かずに、将来的に歯を失ってしまうという最悪な事態にならないためにも、日頃から丁寧な歯磨きと定期健診を行うことが大切です。
 技工機器
歯磨きで出血することがある
 歯肉が赤い
 歯肉から膿が出る
 水がしみる
 歯が長くなった
 歯がぐらついたり、歯と歯の隙間が広がって物がはさまりやすくなった。
 口臭がキツイと言われた。または、自分の口臭が気になるようになった。
 歯ぐきが痛い、かゆい、不快感がある。
マイクロモーター

歯周病の予防
歯周病の予防は、まずプラークコントロールです。 細菌の塊であるプラーク(歯垢)が歯や歯肉に付着することを防ぐことで、基本は毎日の歯磨きです。

1.ブラッシング
歯の表面だけでなく歯と歯の間も丁寧に磨きます。デンタルフロス、歯間ブラシの使用も効果的です。

2.定期検診
「自分はキチンとブラッシングしている。だから歯周病にはならない。」と思っていませんか?たしかに、歯肉より上についたプラークは、ブラッシングである程度取れます。
しかし歯周ポケットの中のプラークや歯石はとりきれません。定期検診では、正しくは磨きできているかをチェックし、歯肉より下の部分にたまった歯石、プラークを取り除きます。  

Posted by みなみなみ  at 17:12Comments(0)

2017年12月01日

歯が抜け落ちてしまうので早めの受診をおすすめします

プラークには無数の歯周病菌が潜んでおり、菌が出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。プラークを放置するとやがて歯石に変化。歯石になると、周囲の歯周組織がさらに炎症を起こします。さらに放置すると細菌が奥に入り込んでいき、毒素を出し続けることで歯を支える骨を溶かしていきます。最終的には歯を支えられなくなり、咬むことが困難になり、歯が抜け落ちてしまうので早めの受診をおすすめします。
生体情報モニタ
間接的な原因はプラーク
食習慣
甘いものややわらかい食事はプラークが形成されやすく、歯周病を悪化させるといわれています。

糖尿病
糖尿病になると抵抗力が落ち、歯周病が悪化しやすくなります。また、歯周病菌が出す毒素によって糖尿病が悪化することが確認されています。

ストレス
精神的なストレスが溜まると歯ぎしりやくいしばりをしたり、抵抗力が落ち、歯周病が悪化しやすくなるといわれています。

喫煙
タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させて血行不良を引き起こします。すると抵抗力が落ち、歯周病が治りにくくなります。
ハンドスケーラー
PMTC
自分に合ったブラッシング方法で歯磨きをしていても、どうしても落としきれない汚れがあります。歯の裏や歯と歯の間などは汚れが溜まりやすく、ブラッシングでは除去するのが難しいのです。歯科衛生士による歯のクリーニング「PMTC」を受ければ、このような汚れを一掃できます。歯周病の原因であるプラークを除去し、健康な口腔内環境を保ちます。

SRP(歯石除去・歯面清掃)
専用の器具を使い、歯石を除去します。除去すると表面がザラつくため、最後になめらかに仕上げて終了します。  

Posted by みなみなみ  at 16:11Comments(0)

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ