京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月09日

起床時に口の中がネバつく

歯周病は子どもから大人まで誰でもかかる歯の病気で、歯茎が腫れる「歯肉炎」と、炎症が進んだ状態の「歯周炎」の2つに分類されます。 歯肉炎は「プラーク」と呼ばれる歯垢や歯石に細菌が繁殖して炎症を起こして軽度の出血があるもので、口腔内のケアをきちんと行えば問題はありません。 

しかし歯を支える組織にまで炎症が及ぶと、「歯槽膿漏」と呼ばれる歯周炎の状態になり、重症の場合には歯が抜けてしまう病気です。以下のような症状が見られる場合は歯周病の可能性があるので、歯科医院で検査を受けましょう。3つ以上当てはまったら歯周病になっている、または進行している可能性があります。
マイクロスコープ 歯科
歯周病のセルフチェック
タバコを吸う
歯磨きをしない時がある
口臭がある
歯茎から出血することがある
歯茎が赤く腫れている
野菜やビタミンなどを採っていない
歯と歯の隙間が広がってきた
40歳以上である
歯がグラグラする
起床時に口の中がネバつく
歯科 鉗子
定期健診の大切さ
歯科治療が終了すると定期検診に移行します。
自覚症状が出てから治療するのは、好ましくありません。
なるべく初期の段階で病変を発見できれば最小限の治療で終わります。
しかし、歯周病はある程度骨吸収が進むと、骨が完璧に元に戻ることはありません。
「仕事がきつくて大変疲れている」
「風邪など、病気になった」
などのストレスが続くと、歯だけではなく、体全体にも症状ができてしまいます。
慢性の炎症が急性化して歯肉が腫れ、痛みが出てことの重大さに気づかされないよう定期健診をお勧めします。

定期診断の間隔と内容
□期間/6ヶ月間隔(要注意の人は3~4ヶ月間隔)
□検診内容/歯肉や歯のチェック、データに基づくブラッシング指導と歯石除去  

Posted by みなみなみ  at 16:14Comments(0)

2017年12月09日

欧米では何十年も前から予防歯科への意識が浸透しています

歯医者さんに行く時、むし歯や歯周病などで歯が痛くなってから行くというケースが多いと思います。しかしそれでは、大切なご自身の歯をだんだんと痛めつけることとなってしまいます。虫歯の部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めてを繰り返すと、ご自身の歯が無くなってきてしまいます。
歯科タービン
これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、いかに健康な歯の状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。そのため、健康な歯の状態を長く維持するための方法として、当院では「予防歯科」をお勧めしております。

欧米では何十年も前から予防歯科への意識が浸透しています。
そのため、お年寄りの残存歯数が、日本に比べてはるかに高くなっています。虫歯・歯周病の発症を未然に食い止め、お口の中をより健康で快適な状態のまま維持していく。これが「予防歯科」の目的です。

虫歯などお口の中のトラブルを未然に防ぐ
病気も虫歯も歯周病も、早期発見、進行抑制が大切です。定期的にチェックを行うことで虫歯や歯周病の予防になり、大切な歯をいつまでも健康的な状態で維持することができます。

治療の痛み・費用を低減できる
痛みや症状がひどくなってから治療するとなると、余計に痛みが伴うもの。それに加えて、治療費用や期間もかさんでしまいます。しかし、予防歯科で早期発見ができることで、痛みはもちろん、治療費用を大きく低減することができます。
光照射器
・お口の中がスッキリする
予防歯科では、歯についた汚れをピカピカ、ツルツルに落としてくれます。もちろん、痛みはありません。嫌なドリルの音もしません。気持ちがよくて、眠ってしまう人もたくさんいるほど。  

Posted by みなみなみ  at 15:40Comments(0)

< 2017年12>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ