京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年12月23日

歯が最後には脱落する病気

歯周病は、歯を支える周りの歯槽骨が減り、歯が最後には脱落する病気です。歯茎から出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の疑いがあります。国民のほとんどが罹患する可能性の高い、国民的文明疾患であり、生活習慣由来のものです。歯ブラシのみの予防法では、進行が止まらなくなりつつあります。理由を考え、対策を立てるのが一番です。

歯周病の大きな原因はプラークと呼ばれる歯垢です。
歯垢はむし歯、歯周病の原因となる微生物のかたまりで、1mgあたりに約1億個の微生物が活動をしています。歯垢が石灰化した歯石も歯周病の原因のひとつで、歯石はブラッシングだけで取り除くことはできません。またタバコも歯周病の原因の一つです。タバコを吸うと血液の循環が悪くなり、歯茎の再生能力が弱くなるため歯周病が進行してしまいます。歯周病は歯周ポケットと呼ばれる歯肉の下に隠れて増殖していくこともあり、なかなか自覚症状の出にくい病気です。
ニッケルチタンファイル
「20代以降の日本人の7割以上」と言ってもピンと来ない方もいるでしょう。自分はかかっていないし、周りにもかかっている人がいないのに、7割以上というのは少し誇張した数字と思われるかもしれません。しかし、この点こそが、歯周病が非常に恐ろしい病たる所以といってもいいでしょう。

歯周病は、その進行の段階で虫歯のような激しい痛みが出ることはありません。ですので、痛みという歯医者へ向かうきっかけがないため、ずるずると進行を進めてしまう方が沢山いらっしゃるのです。自覚症状が全くないというわけではないのですが、知らず知らずのうちに症状が進行するという意味で「沈黙の病」と言っても過言ではないと思います。そうした病気であることをしっかりと認識し、早めの対処をすることをオススメします。

「20代以降の日本人の7割以上」と言ってもピンと来ない方もいるでしょう。自分はかかっていないし、周りにもかかっている人がいないのに、7割以上というのは少し誇張した数字と思われるかもしれません。しかし、この点こそが、歯周病が非常に恐ろしい病たる所以といってもいいでしょう。
ハンドピース
歯周病は、その進行の段階で虫歯のような激しい痛みが出ることはありません。ですので、痛みという歯医者へ向かうきっかけがないため、ずるずると進行を進めてしまう方が沢山いらっしゃるのです。自覚症状が全くないというわけではないのですが、知らず知らずのうちに症状が進行するという意味で「沈黙の病」と言っても過言ではないと思います。そうした病気であることをしっかりと認識し、早めの対処をすることをオススメします。  

Posted by みなみなみ  at 16:16Comments(1)

2017年12月23日

治療後の口腔内の健康を維持できるよう、定期的な検診や予防処置を行っていきます

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
血中酸素濃度計
虫歯や歯周病を予防するために大切なのは、毎日のケアをしっかり行うことです。ただし、個人でできることには限界がありますので、歯科医院で定期的に指導や治療を受けるべきでしょう。予防歯科で行う治療は以下の通りです。

TBI
歯は年齢や性別、そして個人によって形状がまったく異なります。つまり、個人に合わせたブラッシングをしなければ正しいケアはできないのです。TBI(Teeth Blushing Instruction)は、患者様個人に合わせたブラッシング指導。的確にプラークを除去できる正しい方法を学びましょう。

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、「専門家による専用機材を使用した歯のクリーニング」を指します。ブラッシングでは除去しきれないプラークや歯石・着色(ステイン)を、様々な機材を用いて完全に除去し、フッ素でコーティングします。これによって虫歯や歯周病の原因は除去され、歯ぐきの腫れや痛みを改善できるのです。
ハンドスケーラー
フッ素塗布
フッ素を歯の表面に塗布することで、歯の表面にあるエナメル質は強化されます。これによって虫歯になりにくい歯を作る治療がフッ素塗布です。また、自然治癒が可能な初期の虫歯であればフッ素塗布によって治癒を助けることができます。

治療後の口腔内の健康を維持できるよう、定期的な検診や予防処置を行っていきます。定期的なケアによって、虫歯や歯周病などのリスクを回避しましょう。  

Posted by みなみなみ  at 15:41Comments(0)

< 2017年12>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ