京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月09日

ストレスが全身に影響を与えることがわかっています

歯周病の原因とは
私たちの身体には多かれ少なかれ歯周病の原因となる菌が生息しています。しかし、歯周病菌が存在していても、通常のブラッシングや予防を心がけることで発症リスクは抑えられます。歯周病は、身体が歯周病菌に反応することで引き起こされるからです。
もう少し詳しくまとめましょう。歯周病菌は口の中で数を増やすと、それに対抗するために体が免疫機能を発揮します。その段階にとどまっている限りは問題ありませんが、細菌を繁殖させるような生活習慣を続けていると歯周病菌の数がますます増加。すると歯周病菌と戦っていた免疫機能が今度は歯を異物とみなして攻撃を始めてしまうのです。
口腔内の細菌の数を減らしていくプラークコントロールが必要な理由がご理解いただけたかと思います。
睡眠不足、ストレス、生活習慣によって、歯周病が進行し、歯垢や歯石が歯周ポケットにまで入り込むと、通常のブラッシングでは汚れを落とすことができません。
暗くじめじめした歯周ポケットは歯周病菌にとって絶好の繁殖スポット。この箇所の治療を行っていくには、歯科医院での徹底的な清掃が必要不可欠です。
タバコ
煙草に含まれるニコチンは歯周病にかかるリスクを格段に増加させます。また、罹患した後の歯周病の進行も促進するといった性質もあります。喫煙は歯周病だけに限らず、様々な病気に影響があることから、早めの禁煙を決心すべきです。
家庭用超音波スケーラー
バランスの悪い食事
口腔内の健康状態は食習慣によっても左右されます。歯周病になった方の、食事を調べてみると偏食傾向にあり、ミネラルやビタミンの摂取が極端に少ないことが明らかになりました。砂糖や添加物の過度な摂取を控えることが歯周病予防につながります。

睡眠不足
歯肉の中には、血液や神経などが通っており、常に新陳代謝が行われています。しかし、睡眠不足などによってホルモンバランスが乱れると適切な栄養補給が行われなくなり、免疫力が低下。歯周病の進行が進んでしまいます。

ストレス
ストレスが全身に影響を与えることがわかっています。ストレスが蓄積すると、肌荒れや口内炎を促進することからもわかる通り、口腔内にも様々な炎症を引き起こしてしまうのです。
 エアーモーター
プラークコントロール
歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。
  

Posted by みなみなみ  at 15:45Comments(0)

< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ