京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月22日

確かに治療は歯医者の大切な役割であり、虫歯などの痛みを抑えることができます

しかし、治療で歯を削ってダメージが蓄積され続ければ、いずれ歯を失ってしまう可能性も高くなってしまうのです。いつまでも健康な歯で過ごしていただくため、歯科医院では予防歯科に力を入れています。虫歯や歯周病などの病気を未然に防ぎ、歯を削ったり、抜いたりしなくてもよい歯科診療をご提案しています。

予防歯科での定期検診のメリット
健康維持につながる
痛くなる前にお口の中をチェックするうえ、虫歯や歯周病につながる歯垢や歯石を除去するので健康維持につながります。

早期発見・早期治療につながる
もしすでに病気を発症していても自覚症状が現れる前なので比較的かんたんな治療で済みます。
歯科バイブレータ
医療費を抑えられる
治療になってもかんたんな処置なので医療費を抑えられます。悪化した病気の治療にかかる費用よりも予防のための費用のほうが安価です。
家庭用超音波スケーラー
PMTC
「PMTC」とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専門家による専用機材を用いた歯のクリーニングを指します。虫歯や歯周病の原因となる歯垢・歯石やバイオフィルム(細菌の塊)を除去するため、長期にわたって歯の健康を維持できるのです。PMTCには、以下のようなメリットがあります。
虫歯予防
歯垢・歯石やバイオフィルムを除去して再付着を防ぐことで、虫歯を予防します。
歯周病の改善・予防
歯の表面だけでなく、歯周ポケットに入り込んだ歯垢まできれいに除去するため、歯周病の改善や予防につながります。
歯質強化
クリーニング後にフッ素入りペーストを塗布することで、歯の再石灰化を促して歯質を強化します。
審美性向上
タバコのヤニや紅茶などによる色素を除去し、白い歯を取り戻すことができます。  

Posted by みなみなみ  at 17:16Comments(1)

2018年01月22日

これまで、歯科医院は「歯が痛くなってから初めて行くところ」だと考えられてきました。

スウェーデンの調査では、定期的なメインテナスを30年間受け続けていた方と、そうでない方とでは歯を一本も抜いていない方が前者のほうが30%も多いという結果が出ています。それはなぜでしょうか?

これまで、歯科医院は「歯が痛くなってから初めて行くところ」だと考えられてきました。症状が出てから初めて治療を行うのです。しかしながらこれは誤りといえます。なぜなら、歯牙組織はひとたび削ると二度ともとの状態に戻らないからです。ひとたび削った歯、抜いた歯というのは二度と戻らないだけでなく、その部分が弱くなってしまうために経年とともにさらなる歯科治療を必要としてしまいます。治療をした箇所を再治療しなくてはいけなくなる方が多いのはこういった理由からなのです。だからこそ、治療しないで済むように予防することが大切なのです。
歯科材料
専門的なクリーニング
PMTCをはじめとする専門的なクリーニングを行うことによって、毎日のセルフケアでは除去しきれないプラークなどの汚れを除去することができます。それによって、効果的な虫歯や口臭、歯周病予防が実現します。

早期発見
虫歯や歯周病は初期において自覚症状が乏しいのが特徴です。定期的に受診していただくことで、これらの病気の早期発見を行うことができます。

ダメージを最小限に
定期健診の際に万が一、虫歯や歯周病といった歯のトラブルが見つかった場合でも早期治療が可能となります。歯へのダメージを最小限に止め、歯の寿命を延ばすことができます。
ハンドピース
長期的なメリット
虫歯や歯周病を予防することで得られるメリットは計り知れません。ひとたび虫歯や歯周病で歯を失えば生涯に渡り、治療のための費用や時間が必要となります。またいくら完璧な治療を行ったとしても、天然の歯にはかないません。  

Posted by みなみなみ  at 16:34Comments(0)

< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ