京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年01月23日

朝起きた時に口の中が粘つく

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が細菌(歯周病菌)の出す毒素によって溶けていく病気です。歯が長くなる、歯が揺れる、冷たいものがしみる、お口がねばねばする、口臭がする、などの症状がみられ、最後には歯が抜けてしまいます。日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が罹患しているといわれます。歯周病はまさに国民病ともいえる状態で、糖尿病、心臓病、早産などの悪化因子にもなっています。
歯科材料
歯周病はプラーク(歯垢)の中の歯周病菌が原因です。病状の進行を阻止し、治療を進めるためには歯垢をためない・増やさないことが必要不可欠です。
そのためには、以下のことが重要になってきます。

①正しいブラッシング
日々の歯磨きを正しく実行し、歯垢を取り除いてお口の中を清潔な状態に保つこと。
 ②歯石除去
固まった歯垢(歯石)を取り除き、炎症の原因となる歯周病菌を徹底的に除去する。
 ③歯肉、骨の治療
ダメージを負った歯肉・骨を治療して良好な状態に戻す。
 ④定期メインテナンス
お口の中の健康状態を維持するために、歯のクリーニング等のため定期的なメインテナンスを受けること。
歯科タービン
歯周病チェック
歯肉が赤く腫れている。
 口臭が気になる。
 朝起きた時に口の中が粘つく
 歯間に隙間ができた。
歯が長くなったように感じる(歯茎が下がった)。
歯肉が痛い、かゆく感じる。
 歯を磨くと出血することがある。
硬いものが噛みにくい。

上記が3つ以上当てはまる方は、密かに歯周病が進行している可能性があります。歯科医院で歯周病の検査を受けてみましょう。該当の少なかった方も、油断は禁物です。定期検診に通って予防するように努めましょう。  

Posted by みなみなみ  at 16:16Comments(1)

< 2018年01>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ