京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月15日

「歯周病」は生活習慣病~全身疾患

歯周病は歯を失うだけでなく、全身の健康にも悪影響を与えます。歯周病が恐いのは、自覚症状のないまま少しづつ進行し、自覚症状が出る頃にはかなり行してしまっており、進行してしまった歯周病は自然治癒することがありません。また、1本ずつ歯周病になるのではなく、口全体に進行することが多いため、何本もの歯を同時に失うことにもなりかねません。早期治療と定期的な歯科健診が何より大切です。

「歯周病」は生活習慣病~全身疾患
歯周病はお口の中だけではなく、あらゆる全身疾患との関連性が明らかになっています。
歯ぐきの出血によって菌が血管から全身に行き渡るので、心臓病、動脈硬化、糖尿病、早産、肺炎、高血圧、インフルエンザ、癌、・・・etc、生活習慣病から全身の疾患に及びます。
これほど多くの疾患が歯周病との関係が指摘されていますので、歯周病をたんに口の中の病気とだけ考えるのではなく、危険性を十分に理解することから治療がはじまります。
血中酸素濃度計
歯周病対策
歯周病の原因は歯垢ですから、歯垢をためないこと、歯垢が歯石になる前にとり除くことが対策の基本になります。そのためには、正しいブラッシングを毎日行う、というあたりまえのことがとても大切です。正しい歯磨き習慣は、歯周病予防はもちろん虫歯予防にもつながり、歯や口腔内の健康を保つうえで重要です。食後や就寝前に歯磨きをする習慣を身につけましょう。
マイクロスコープ 歯科
デンタルペースト(歯磨き剤)は、殺菌効果や歯ぐきのひきしめ効果、歯石の形成を防ぐ効果などがある薬用歯みがき剤を選びましょう。ブラッシングというと、歯の表面を歯垢のないツルツルの清潔な状態にすることだと思いがちですが、むしろ、歯ブラシの毛先を歯と歯肉の間の溝に当ててこまめに振動させるように磨き、歯垢をきれいにかき出すことがポイントです。また、食べものがはさまりやすい歯と歯の間は、歯間ブラシやデンタルフロスを使うのもおすすめです。

歯科医院では、歯周ポケットの深さを「4(mm)」「3.5(mm)」などと計測してくれますが、正しい歯磨きを毎日続けることで、歯ぐきがひきしまり、健康な状態に改善することも多いものです。まずは歯科医院で定期的に健診を受けましょう。歯石除去やクリーニングなど、プロフェッショナルケアを受けておけば、より万全です。  

Posted by みなみなみ  at 16:36Comments(0)

2018年03月15日

普段、意識せず行っている悪習癖も歯周病に影響します。

歯周病の初期症状は、歯肉の発赤、腫脹であり、さらに病気が進行すると、歯と歯肉が付着している部分の破壊が進み、歯と歯肉の間の隙間(正常では2mm以下の深さ)は歯周ポケットが出来て深くなり、歯を支えている組織(歯根膜や歯槽骨)が破壊されて歯の動揺が生じ、歯を失うこととなります。これらの変化の多くは初期段階ではあまり自覚症状がなく、多くの患者さんはかなり進行して気づくことが多いようです。抜歯される歯の半数以上は歯周病が原因です。歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌が原因となって生じた炎症性疾患です。歯垢(プラーク)は歯、歯肉、金属冠、入れ歯などに付着する多数の細菌から構成されており、これらの細菌の中で歯周病に強く関与していると考えられる細菌を歯周病関連菌と呼びます。
顕微鏡歯科
歯周病の原因は細菌性プラーク
プラーク(歯垢)とは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性の沈着物で、多くの細菌とその産生物から構成されています。 プラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着しているだけでなく、薬品では除去しにくい構造になっています。 このプラーク1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。 その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。 お口の中にはおよそ700~1000種類の細菌が住んでいます。 これらは口腔内常在菌として普段あまり悪いことをしませんが、どこかに清掃が不十分な場所があり、その状態が長く続くと歯周病の原因菌である悪玉菌が増殖していきます。 そして、細菌自体が歯肉に侵入し、毒素を産生することで炎症を引き起こします。
歯科 ユニット
間接的な原因(危険因子:リスクファクター)
口腔内環境の危険因子としては、適合の悪い冠(詰めもの)やブリッジなど歯科治療に関連したものの他、口呼吸、歯ぎしりなどの不良習癖、悪い歯並びなどが挙げられます。 また、生活習慣による危険因子には、食生活、喫煙、ストレス、糖尿病などがあります。
口腔内環境の危険因子
【不適合な冠など】
適合の悪い冠やブリッジはその段差にプラークがたまりやすく、歯周病のリスクの元となってしまいます。
【悪習癖】
普段、意識せず行っている悪習癖も歯周病に影響します。
たとえば、口呼吸は、口の中が乾燥するためプラークが付着しやすくなり、歯肉の抵抗力が弱まり、炎症も起きやすくなります。
また、歯ぎしりのような強い力を歯に加えると、歯周組織に負担がかかり炎症を起こしやすくします。
【悪い歯並び】
歯並びが悪いところは歯の磨きにくい部分にプラークがたまり、炎症が起こりやすくなります。  

Posted by みなみなみ  at 15:24Comments(0)

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ