京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月20日

実は、このむし歯や歯周病は、個々のなりやすさ(リスク)を調べ改善することにより、多くの場合防ぐことが出来るのです

歯や歯ぐきが痛くなってからでは治癒が難しいので、最終的に歯を失う可能性が高くなります。そこで、予防が必要になります。単に、予防と言ってもリスクは個人差がありますので個々に合った方法により、効率よく、確実に予防しなくてはなりません。そのためには、患者さん皆様のご協力が不可欠で、リスクを調べ、歯科医院と患者さんが、それぞれ役割を共に果すことが重要と考えます。歯科先進国では定期的なメイテナンスが一般的で80歳では日本人の2~3倍の歯を保有しています。出来るだけ低年齢から予防を始めることが理想です。

パルスオキシメーター
PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)
歯周治療や虫歯治療が終わってもそこが、治療の終わりではありません。歯周治療や虫歯治療が終わってもそこが、治療の終わりではなく、  そこから「メンテナンス」のスタートになるのです。 これは「管理する」という意味です。 歯周病治療によって歯周病菌が軽減しても、 残った歯周病菌は次のチャンスを狙っています。 患者さんのプラークコントロールが悪くなったり、 全身の抵抗力が落ちてしまうと、歯周病菌にとってはチャンスとなります。

それは歯周病治療後に残った歯周ポケットが深ければ深いほど、 また喫煙や全身疾患などのリスクファクターを抱えていればいるほど再発の危険度が増します。
プロに定期的に磨いてもらうことも重要です。 メインテナンスで歯周組織の健康が保たれているか、プラークコントロールが上手に行われているか、 全身の健康状態はどうかなどをチェックし、 歯科衛生士によるPMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)を 定期的に受けることが重要です。
ハンドスケーラー
ブラッシング
毎日のブラッシングで、きちんと磨けているという自信はありますか? 正しいブラッシング方法は年齢や歯並びによって人それぞれ異なります。 医師や歯科衛生士からブラッシング指導を受けましょう。 正しいブラッシング方法を身に付けることは、虫歯・歯周病予防に重要です。

定期健診
当院では、患者様に健康な歯と歯肉を維持していただくために、定期検診を行っています。 患者様に予防歯科についてご理解いただき、定期的なメンテナンスを継続していただくことは、 歯周病・虫歯予防に非常に効果的です。 目安として、1ヶ月〜6ヶ月おきの定期検診をお勧めしています。  

Posted by みなみなみ  at 16:13Comments(0)

2018年03月20日

虫歯は、細菌が出す酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります

虫歯や歯周病になってから通うものと考えられている方も多い歯科医院。しかしそれでは歯の健康は手にできません。なぜなら虫歯も歯周病もなりはじめには自覚症状がほとんどなく、気づいた時にはかなり進行してしまっているケースが多いからです。虫歯の治療は歯を削ってインレーやクラウンをすることがほとんどですが、できることなら自分の歯は削りたくないもの。そのためには、虫歯になる前の予防処置が重要です。

また、歯周病を招く細菌は、お口の中だけに留まらず、心臓病や糖尿病、脳梗塞などを引き起こすリスクも持っています。つまり、「予防歯科でお口を守ること」は「全身の健康を守ること」ともいえるのです。歯の健康への意識を一度見直し、予防歯科を積極的に受けることが大切です。
マイクロモーター
虫歯・歯周病になると
虫歯は、細菌が出す酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そしてその後、象牙質、歯髄へと進行します。進行するにつれ、食べものがしみたり痛みが出たりし、最悪の場合には抜歯が必要になります。

また、歯周病になると下記のような症状があらわれます。
歯肉が赤く腫れ上がる
歯石がたまり出血する
歯周ポケットの炎症が慢性化し膿が出る
歯が浮いた感じがし、強く噛むと痛みを伴う
歯がグラつき、硬いものが食べられない
歯の根っこが露出する
コントラ 歯科
PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )とは、毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分を専門的な機械などで徹底的にクリーニングすることをいいます。
歯石を取るような治療ではなく、あくまで心地よい範囲の刺激で行なわれる為、「痛い」「キーン」という、いままでの歯医者さんのイメージが変わるような予防歯科治療です。 また、定期的にPMTCを受けることで、虫歯になりにくいお口の環境が保てます。『今後の歯科治療はCureからCareへ』と言われる程、将来は歯科治療の中心的存在になりえる治療です。  

Posted by みなみなみ  at 15:51Comments(0)

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ