京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月21日

虫歯の原因には、次の4つが挙げられます。

「歯がしみる」「歯が痛い」などという症状が現れたら、虫歯ができているかもしれません。虫歯は初期段階では自覚症状がほとんどないため、症状が現れたときにはすでにかなり進行している可能性もあります。虫歯ができてしまったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。また、虫歯は歯周病と同様に再発しやすい病気です。再び痛みをともなう治療が必要にならない状態を維持するためにも、半年に一度は当院の定期検診にお越しいただくことをおすすめします。
歯科用マイクロスコープ
虫歯の原因には、次の4つが挙げられます。
原因1:虫歯菌
お口の中に棲む虫歯菌は、食べカスの中に含まれる糖分をエサにして酸を出し、この酸が歯を徐々に溶かしてきます。これが虫歯です。
原因2:糖分
お口の中に糖分が多く残っていると、虫歯になりやすくなります。糖分を控えること、毎日のブラッシングできちんと落とすことが大切です
原因3:歯質
歯質には、もともと虫歯になりやすいタイプと、なりにくいタイプがあります。歯質を強化するには、フッ素塗布などの予防処置が効果的です。
原因4:時間の経過
お口の中に糖分が長く残っていればいるほど、虫歯菌は活発に動きます。その意味で、“だらだら食べ”はとくによくありません。
超音波スケーラー
30代では80%、45歳以上では88%の方がかかっていると報告があります。
歯周病は知らないうちに進行し、放って置くと歯を失うだけでなく、歯周病菌が唾液や血管を通じ全身に周り全身疾患を引き起こします。自覚症状は個人差様々で、自覚症状のない方もいます。

歯周病の直接的な原因はプラークといわれる、虫歯菌や歯周病菌をはじめとする様々な微生物のかたまりで、プラーク1mgのなかに1億個の微生物がいるといわれています。歯石といわれるものはプラークが石灰化して硬くなったもので、表面がざらざらしているのでそのうえからプラークがついてどんどん増加していきます。歯ブラシではとれませんので、歯科医院の専門技術で除去する必要があります。  

Posted by みなみなみ  at 15:44Comments(0)

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ