京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月27日

食生活と口呼吸に注目して、改善をアドバイス

歯ブラシや歯磨き粉のテレビCM等で「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありませんか?
歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまうなど、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の病気の総称です。歯周病の初期段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いですが、実際には日本人の成人の約8割の方が歯周病にかかっているといわれています。歯周病と似た言葉で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は”歯周組織から膿(うみ)が出る”症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことです。最近では歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯周病という言葉を使う事が多くなっています。
オートクレーブ滅菌
歯ブラシや歯磨き粉のテレビCM等で「歯周ポケット」という言葉を聞いたことはありませんか?歯周ポケットとは、歯と歯茎の境目の溝のことです。歯は、歯茎とぴったりつながっているように見えますが、実際は歯と歯茎の間は隙間があります。その隙間が3mm以下ならよいのですが、深い溝になっていくと、口の中に汚れが溜まりやすくなり、歯周病が進行していきます。深さは健康な歯茎で1〜3mm、中程度の歯周炎があると4〜6mm、歯周病が進行した場合は7mm以上になることがあります。


生活習慣を見直し、確実なプラークコントロールを実現します
歯周病は感染症ですが、毎日の食生活や歯磨きなどが大きく関わる生活習慣病でもあります。そこで当院では、歯周病を根本的に治すために、症状の正確な診断に加えて、患者様の食生活や生活習慣を詳しくお聞きして改善をご提案します。治療では、まず見える部分(縁上)と見えない部分(縁下)共に徹底的な歯石除去を行い、プラーク(歯垢)を取り除くプラークコントロールを行います。
歯科機器 通販
食生活と口呼吸に注目して、改善をアドバイス
歯周病は、糖質の多い食生活では改善しないことがわかってきています。また、口呼吸では口の中が乾燥するので細菌自体が増え、慢性的な炎症が起きます。お年寄りの場合は、お口の中の機能が低下し、舌が下がると口呼吸になりやすくなります。このように、食生活や口呼吸を改善することも歯周病治療では大切な要素です。当院では、患者様ご自身の理解と、充分な生活やブラッシング指導に力を入れて歯周病治療を行っています。

<歯周病危険度チェックリスト> ※2つ以上該当すると要注意です。
歯ぐきが赤く腫れていませんか?鏡で見てみましょう。
歯を磨くときに、歯ぐきから血がでますか?
人から口臭を指摘されることがありますか?
食事をするときに、歯と歯の間によくモノがはさまりますか?
歯がグラグラと動いてますか?  

Posted by みなみなみ  at 16:38Comments(0)

2018年03月27日

最近、TVやCM、雑誌等で多く取り上げられている「予防歯科」。

その言葉どおり、虫歯や歯周病からお口を未然に防ぐことをいいます。虫歯や歯周病等は、一度治療したからといって、永久に持つわけではありません。しかし、「悪くなったから治療に行く」の繰り返しでは、時間や費用がかかるだけでなく、歯自体を失ってしまうこともあります。大切なご自分の歯をいつまでも健康なまま残すために、「予防歯科」を心掛けましょう。

ブラッシングの目的は〈歯垢〉を取り除くこと
虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎を引き起こす原因菌は歯垢(プラーク)にあります。歯垢は細菌のかたまりです。この歯垢を毎日の正しいブラッシングによって取り除いておかないと、健康な歯を維持することはできません。虫歯が原因で頭痛、肩こり、内臓疾患などを引き起こしたりすることもあります。集中力の低下にもつながり、仕事や勉強の能率も下がってしまいます。毎日をより快適にすごし、食べ物をおいしく食べるためにも、正しいブラッシングはとても大切です。
光照射器
PMTC(機械を使ったプロによる歯のクリーニング)
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は予防のプロフェッショナルである歯科衛生士が専門器具を使い、患者様の口腔内を徹底的にクリーニングする処置です。ご自宅だけでは落としきれない歯の汚れを落とし、虫歯予防に効果的です。また、タバコのヤニといった軽度の汚れも落とすことができるので、本来の歯の白さを取り戻すことにも有効。処置後はさっぱりとした爽快感も味わえます。

TBI(ブラッシング指導)
専門家が患者様それぞれに最適なブラッシング方法をお教えするのがTBI(Teeth Brushing Instruction)です。歯ブラシの効果的な動かし方や選び方について丁寧にご説明することで今までのブラッシングを改善し、健康なお口を保つための方法をお伝えします。
歯科レントゲン
フッ素塗布
フッ素には歯の再石灰化を促し、歯質を強化して虫歯への抵抗力を高める効果があります。これを歯の表面に塗ることで、虫歯を予防するのがフッ素塗布です。初期の虫歯であれば、この処置だけで治ってしまう場合もあります。

唾液検査
患者様の唾液に含まれる虫歯菌の状態や唾液の分泌量から、虫歯の危険度を調べるのが唾液検査(サリバテスト)の目的です。検査後に個別カウンセリングを実施し、調査結果をもとに患者様それぞれの予防プログラムを作成していきます。  

Posted by みなみなみ  at 15:34Comments(0)

< 2018年03>
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ