京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年04月10日

予防には、歯科医院で行う「プロケア」とご自宅で行う「セルフケア」があります

歯を守るために大切なこととは、何だと思いますか? 
早めの治療でしょうか? お口のトラブルを悪化させないための「治療」はもちろん重要ですが、それ以上に大切なのが「予防」です。なぜなら、治療とはいえ歯を一度でも削ってしまえば、二度と元に戻すことはできないから。予防によってあらかじめ治療を不要にすることが、歯のために一番いいことなのです。

予防には、歯科医院で行う「プロケア」とご自宅で行う「セルフケア」があります。「効果的な予防の実現」は、どちらか一方でも欠けてしまうと成り立ちません。両方がきちんとできてこそ、「正しく予防できている」といえます。「セルフケア」の基本は、毎日のブラッシング。お口の中に汚れを溜めずに、できるかぎりすみずみまで落とすことが大切です。しかしブラッシングだけでは、すべての汚れを落としきるのは難しいもの。そこで「プロケア」が重要になるのです。プロケアでは、専門的なお口のクリーニングなどを行います。口腔ケアのプロである歯科衛生士と一緒にプロケアとセルフケアを上手に両立させ、予防をしっかり行いましょう。

歯には非常に重要な、しかもさまざまな役割があります。1本でも歯を失うと、次のようなデメリットが生まれます。
食べ物をしっかり咬むことができず、効果的な栄養摂取ができなくなる
食べ物をしっかり咬むことができないと胃腸に負担がかかる
空いたスペースに隣の歯が倒れ込んだり咬み合う歯が伸びたりして歯並びが乱れる
咬む刺激が伝わらなくなるので、顎の骨がやせてしまう
一部の歯がないと見た目が悪くなり、顔のバランスが歪むこともある
歯の模型
歯を失うとお口全体のバランスが崩れて、さまざまな問題が生じてしまうのです。歯を失ってはじめて、「歯の大切さに気づいた」という方も少なくありません。後悔先に立たず。大切な歯を守るために、しっかり予防していきましょう。
ユニファスト
PMTC
PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。  

Posted by みなみなみ  at 12:29Comments(0)

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ