京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2016年12月29日

虫歯・歯周病になりにくい口腔内環境をつくる【予防歯科】

たとえば虫歯の場合、痛くなってから治療したのでは時間もかかってしまい、歯が痛い思いをしてしまうものですよね。最近は、この「歯が痛くなってから、歯医者に行く」というライフスタイルが、変わってきています。「予防歯科」は、痛くなってから治療するのではなく、普段から「お口の健康を維持する」という歯科スタイルです。

口腔内写真を活用して予防歯科に努める
予防歯科は虫歯になりにくい歯や、歯肉炎になりにくい歯ぐきをつくることを目的とした治療です。予防歯科では染め出し液を使ったブラッシング指導や歯のクリーニング、PMTCを行うことで、虫歯や歯周病の原因となる汚れや細菌を徹底的に取り除いていきます。
エアーモーター
予防歯科の効果を高めているのが口腔内写真です。治療前後の口腔内写真を撮影することで、患者さんの歯やあごの状態を確認し、今後どのように変化していくか長期的な予測を立てることができます。その結果をもとに患者さんにとって最適な予防方法が提案できるのです。
歯科 通販

バイオフィルムを除去するPMTC
お口の中に潜んでいるバイオフィルムは虫歯や歯周病菌などの細菌の固まりです。これが歯の回りをすっぽりと覆い、その上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。バイオフィルムは毎日の歯磨きでは完全に落としきれません。これを取り除いてくれるのが、歯の専門家が行うPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや歯周ポケットの内側の歯の根の表面に付着しているバイオフィルムまで除去できます。
処置後は歯の表面がツルツルになり、虫歯や歯周病予防効果もあります。
エアスケーラー
歯の健康を守る定期メインテナンス
お口の中の状態は絶え間なく変化しています。歯や歯ぐきの健康を保つためには、定期検診が欠かせません。患者さんのライフスタイルや口腔内の状態によっても異なりますが、3か月~半年に一度の定期検診をお勧めしています。メインテナンスを受けることで処置した歯が長持ちし、新たな虫歯や歯周病が見つかれば、早期に処置できます。長期にわたり安定した歯の状態を保つことができます。定期メインテナンスは、おいしいものを食べ、健康でいられる秘訣です。いつまで健康で丈夫な歯を守るためにも、ぜひ、定期的に受診してください。



Posted by みなみなみ  at 17:10 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ