京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2016年12月30日

前にメインテナンスを受けることを目的として歯医者に行く

ですが、最も理想的なのは、あらかじめ病気にならないように、虫歯の元を絶って、口の中を清潔に保っていれば、治療で痛い思いをしたりダメージを受けたりする負担がなくなるとともに、なくなっても二度と生えてくることがない自分の歯を失うリスクにさらされずに済みます。
 
最近は、こういった考えの元、病気になる前にメインテナンスを受けることを目的として歯医者に行くという、予防歯科という考えが一般的になっています。予防歯科という考え方はとても重要で、近い将来のことではなく、何十年後の自分に予防歯科を受けていた成果が返ってくるとも言えます。結局、将来どれくらい自分の歯を残せるかということに予防歯科は繋がってきます。
 ハンドピース
人間のは、本来であれば、80歳の時点で20本くらい残っていれば、健康状態は良好だといわれていますが、実際には、80歳の時点で平均7~8本しか残っていないのが現在の日本の現実です。歯は削ってしまうと、ダメージを受けてもろくなるので、治療すればするほどどんどん寿命が短くなってしまっているといえます。ですから、歯を老後まで残したいと思うのであれば、歯医者に行って虫歯の治療を受けて歯を削っていくよりも、予防して守っていくこと、つまりは、予防歯科が大切であって、重要だということになります。
 歯科器具

たとえば、スウェーデンは、予防歯科の先進国とされていて、スウェーデンも、過去には、多くの人が虫歯や歯周病で歯を失っていましたが、その状況を改善するために、予防歯科を国家的に大きなプロジェクトとしてスタートしたところ、現在のスウェーデンは、世界で最も虫歯や歯周病の患者が少ない国へと変貌しました。
 口腔内カメラ
ですから、日本でも同じような取り組みをすれば、虫歯の患者自体が減少して、老後にも自分の歯が残る人が増えて、余分な医療費の使用まで少なくなるという効果が期待できます。虫歯や歯周病が自然に治ることはなく、歯医者で治療を行なっても完全に元の状態には戻らないといえます。一番は虫歯や歯周病などを未然に防ぐ予防歯科が重要で、予防歯科ということをしっかりと認識して、歯医者で定期的なメインテナンスを受けることが、自分の歯を少しでも残して、いつまでも快適な暮らしを続けるための大きなポイントになるといえます。



Posted by みなみなみ  at 17:06 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ