京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年03月17日

40歳以上の方の歯の抜ける原因は「歯周病」といわれています

歯周病にかかっている人の割合は25歳から34歳の成人で75%、35歳から64歳で80%となっています。歯周病の多くは、原因であるプラークや歯石を、日頃の歯磨きや定期検診などを受けることにより除去することで予防することができます。
レントゲン照射器
歯周病は大切な歯を奪う可能性があるだけでなく、全身疾患とも深いつながりがあることがわかっています。お口の健康、そして全身の健康を守るためにも、歯周病治療はとても重要なものなのです。

心臓疾患
歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなります。その結果、心筋梗塞や狭心症などを招くことがあります。

肺炎
歯周病菌が誤えん(食べものを誤って飲み込み、肺に入り込むこと)によって肺に入ると、肺炎を引き起こすことがあります。
歯科材料 輸入

糖尿病
歯周病にかかっていると糖尿病を誘発・悪化させ、逆に糖尿病にかかっていると歯周病を……とこの二つの病気はとても深い関係にあるといわれています。
ニッケルチタンファイル
定期検診を受けましょう
歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。



Posted by みなみなみ  at 16:19 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ