京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月21日

最終的には歯が抜けてしまいます。歯周病は歯を失う最大の要因

歯周病は,生活習慣病の1つに分類され,成人の80%以上が患っているといわれている歯の周りの組織の炎症性疾患です。軽度から重度までその病態は様々で,歯茎の腫れ・出血のみにとどまっているものを歯肉炎,炎症が波及し,歯を支えている骨を溶かしているものを歯周炎といいます。歯周炎は進行すると,支えがなくなることで歯がグラグラしだし,最終的には歯が抜けてしまいます。歯周病は歯を失う最大の要因です。
http://yoboushika.hamazo.tv/
歯周病の原因
歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。
エアーモーター
毎日のブラッシングは確かに大切です。しかし、歯を「磨いている」と「磨けている」は違いますから、歯科医院で正しいブラッシング法を学び、歯垢を丁寧に取り除くようにしましょう。また、歯垢が固まって歯石になるとブラッシングではもう除去することができません。そのような状態になる前に、少なくとも半年に一度は歯科医院で定期検診を受け、歯のクリーニングと口内の健康チェックをしてもらうことも大切です。
歯科医療機器

歯の表面、歯と歯の間、歯茎に隠れた部分など、歯を徹底的に清掃します。むし歯と歯周病の予防のためには、欠かせないおそうじです。歯を守るために、強力な助けとなるのが、PMTCです。

PMTCとは専門家による器械的な歯の清掃のことです。歯垢(プラーク)よりも歯にベッタリくっついて、むし歯菌や歯周病菌の巣窟になっているバイオフィルムは歯ブラシでもとれませんし、薬でとることもできません。プロによる器械的清掃、PMTCによってしかとれないのです。
超音波スケーラー 家庭用
PMTCにかかる時間は、歯の汚れ具合によって違いますが、だいたい1時間くらいです。2回に分けて行うこともあります。定期的に行えば、かかる時間も短時間ですみます。痛みもほとんどありません。PMTCを受けたあと、指や舌でさわってみると、歯がつるつるしてたいへん気持ちのいいものです。これを知ると、定期的に受けたくなるでしょう。できれば半年に1回、少なくとも1年に1回は受けるようにしたいものです。



Posted by みなみなみ  at 18:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ