京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月24日

ご自身の歯を一生涯健康に保つためには、正しい知識と定期的な検診やクリーニング等のケアがとても重要です

正しい歯の磨き方
歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)です。歯垢をできるだけ少量にし、歯周病を起こさないようにすることを「プラークコントロール」といいます。セルフケアで行うプラークコントロールには、歯磨きや補助器具の使用(デンタルフロス、歯間ブラシ)、洗口剤の使用などがあります。代表的な正しい歯の磨き方と補助器具についてご説明します。
光照射器
補助器具を上手に使いましょう
デンタルフロスや歯間ブラシのことを補助器具といいます。補助器具は、歯と歯の間の細かい部分のプラークを取り除くのに大変有効です。歯ブラシと併用することで、プラークの除去率が上がります。ここでは、補助器具とその使い方をご紹介します。

デンタルフロス
デンタルフロスは、好みの長さに切って指に巻きつけ使用するタイプと、糸ようじのようにホルダーと一体化したタイプがあります。はじめのうちは鏡をみて確認しながら行いましょう。歯間に通すときは、のこぎりを引くように前後に動かしながらゆっくり挿入します。きついところを通過したら、歯に沿わせ、歯ぐきを傷つけないように優しく上下させます。
ハンドピース
ブラッシング指導
日常のブラッシングがしっかりできれば、むし歯も歯周病も発症しにくくなります。当院の歯科衛生士が磨き癖を見極めて、効果的なブラッシング方法を指導していきます。
http://nienie123.seesaa.net/
スケーリング
スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去する治療法。高度な技術による手作業で、ていねいに1本1本歯石を除去していきます。当院の歯科衛生士は確かな技術を有しているので痛みもなく、スケーリングを受けた患者さまは「歯がツルツルして気持ち良い」と言ってくださいます。安心してお任せください。
歯科治療器具

PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、スウェーデンのペール・アクセルソンが提唱した予防歯科医療の施術。トレーニングを受けた歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具とペーストを使って、通常の歯みがきでは落としきれない歯の表面の汚れや歯垢、バイオフィルムなどを除去(クリーニング)する方法です。PMTCによるクリーニングには、虫歯や歯周病を防ぎ、強く美しい歯を保つ効果があります。痛みもなく、時間もかかりません。



Posted by みなみなみ  at 18:08 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年01月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ