京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年04月27日

日本人の成人が歯を失う理由の一位は、歯周病です。

また、あまり知らせていませんが歯周病は歯を失うだけでなく顎の骨が溶けていくという恐ろしさもあります。顎の骨が溶けると入れ歯の安定が悪くなるなど、歯が抜けた後の口腔内の環境にも悪影響を及ぼします。

歯周病は自覚がなくても、静かに進行する点にも注意が必要です。進み方は非常に遅く、また初期には痛みも違和感もほとんどないために、自分では気付かないことがほとんどです。食習慣の変化により、今では大人だけではなく、子供の中にも広がっていると言われる歯周病。どんなふうに進行するのでしょうか?
http://zetadentaljp.blogspot.com/
軽度歯周病(歯肉炎)
歯ぐきに軽い炎症を起こした状態です。ブラッシングのときに出血することがあります。歯と歯ぐきの溝が少し深くなります。

中等度歯周病(歯周炎)
歯ぐきだけでなく歯を支えるあごの骨が溶かされはじめた状態です。歯ぐきの腫れや出血が増し、歯と歯ぐきの溝が深くなり歯周ポケットを形成します。
生体情報モニター
重度歯周病
歯を支えるあごの骨が大きく溶かされた状態で、歯がグラつき、歯ぐきから膿が出て口臭が増します。放置すると歯が抜け落ちてしまうことにつながります。

歯周病治療は、1本1本の歯ごとに異なる進行状況に合わせ、適切な方法をとることが大切です。そこで当院では次の検査を行っています。
歯科 通販

歯の揺度検査
歯を1本1本つまんで動かし、揺れる度合いを調べます。悪化すると、顎の骨の中の歯根膜(歯の根元の組織)と歯の結合が緩むため、揺れが大きくなります。
歯科用ユニット
レントゲン検査
顎の骨の溶解度を、レントゲン撮影によって確認します。骨が薄く写っている部分ほど、進行していることがわかります。

ポケット検査
歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを調べます。深ければ深いほど、進行していることがわかります。



Posted by みなみなみ  at 18:13 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリ

QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ