京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年05月18日

虫歯になりやすいところ

虫歯は、細菌が糖質から作った「酸」によって歯が溶かされる病気で、「細菌の塊=プラーク(歯垢)」が原因で起こります。歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯茎の境目の溝など歯ブラシが届きにくく、磨き残しの多いところが虫歯になりやすいのですが、しっかりと予防を行えば、確実に防ぐことができる病気でもあります。口腔内カメラ

歯冠部う蝕
歯のエナメル質から起こる虫歯です。奥歯のかみ合わせの溝や、歯と歯の間などの磨き残しの多いことから発生します。

二次う蝕(治療済みの歯に起こる虫歯)
一度詰めたりかぶせたりして治療した歯から起こる虫歯です。詰め物と歯との隙間にはプラークが溜まりやすく、そこから細菌が侵入し、虫歯が発生します。
http://minaminami.kyo2.jp/
根面う蝕(歯の根っこの虫歯)
歯の根の部分(歯根部)から起こる虫歯です。歯周病とも関連が深く、歯周病の進行や治療によって歯ぐきが下がり、歯の根の部分が露出することにより起こる虫歯です。歯根は比較的軟らかいセメント質で覆われているため、虫歯になりやすいので注意が必要です。
歯科 通販

CO 初期段階の虫歯
歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

C1 エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います
オートクレーブ
C2 神経に近い虫歯
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

C3 神経に達した虫歯
象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

C4 末期の虫歯
歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。
この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。



Posted by みなみなみ  at 17:34 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ