京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年05月19日

歯が健康であっても抜けてしまいます

健康な状態では、歯と歯茎はぴったりくっついています。歯周病とは、歯周病菌がこの歯と歯茎の隙間に入り込み、やがては歯槽骨(歯を支えている骨)に達し、この骨を溶かしてしまう病気です。骨を溶かしてしまうなんて、歯を溶かしてしまうむし歯菌と同じくらいこわいですね。もちろん、歯槽骨が溶けてしまったら、歯を支えることは出来ませんので、歯が健康であっても抜けてしまいます。
ハンドピース 歯科
しかも、今や成人の8割が歯周病であると言われています。そして、むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。このように、ほとんどの人がかかっている上に、骨が溶け、健康な歯でも抜けてしまう怖い病気なのですが、本当に怖いのはこれだけではありません。
オートクレーブ
歯肉炎
歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきのすき間に歯垢が溜まり、炎症を起こしている状態です。痛みはありませんが、歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血が見られることがあります。
http://minaminami.kyo2.jp/
初期歯周炎
歯周ポケットが深くなり、顎の骨が溶かされかけています。腫れや出血が強まり、歯ぐきのむずがゆさ、口臭などが出てきます。
歯科用品

中等度歯周炎
炎症が進み、顎の骨が半分以上溶けている状態です。歯ぐきがやせて歯が長くなったように感じ、歯のグラつきが現れたり口臭が強くなったりします。

重度歯周炎
顎の骨がほとんど溶かされてしまった状態です。膿が出て、口臭がさらに強くなります。歯は大きくグラつき、やがて抜け落ちてしまいます。

歯周病の主な原因は歯垢です。歯茎のまわりに歯垢が蓄積して、歯周病菌に感染することで歯茎が腫れて歯肉炎(歯周病の初期状態の総称)を引き起こします。症状が進行すると歯茎の腫れが大きくなり、歯と歯茎の間に「歯周ポケット」と呼ばれる隙間ができます。さらに進行すると、歯がぐらぐらと動くようになり、最終的に歯が抜けてしまうこともあります。歯垢は時間が経過すると、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは除去できない歯石になります。歯石そのものは歯周病の原因ではありませんが、ご自宅でのケアだけでは取り除けないため、まわりの歯垢の除去を邪魔して、歯周病の発症や進行を助長する場合があります。



Posted by みなみなみ  at 17:26 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
みなみなみ